2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

2018年5月23日 (水)

中原中也・詩の宝島/ランボーの足跡(あしあと)/(宵に寝て、秋の夜中に目が覚めて)

 

 

中原中也が

昭和7年(1931年)秋から同11年(1936年)の間に制作したと推定される詩に

三富朽葉が現われるものがあります。

 

 

(宵に寝て、秋の夜中に目が覚めて)

 

宵(よい)に寝て、秋の夜中に目が覚めて

汽車の汽笛の音(ね)を聞いた。

 

  三富朽葉(くちば)よ、いまいずこ、

  明治時代よ、人力も

  今はすたれて瓦斯燈(ガスとう)は

  記憶の彼方(かなた)に明滅す。

 

宵に寝て、秋の夜中に目が覚めて

汽車の汽笛の音を聞いた。

 

  亡き明治ではあるけれど

  豆電球をツトとぼし

  秋の夜中に天井を

  みれば明治も甦る。

 

  ああ甦れ、甦れ、 

  今宵故人が風貌(ふうぼう)の

  げになつかしいなつかしい。

  死んだ明治も甦れ。

 

宵に寝て、秋の夜中に目が覚めて

汽車の汽笛の音を聞いた。

 

(「新編中原中也全集」第2巻「詩Ⅱ」より。新かなに変えました。編者。)

 

 

宵に寝て、秋の夜中に目が覚めて

汽車の汽笛の音を聞いた。

――というのがこの詩を歌った動機のようですが

詩人は宵の口に寝て

夜中にふと目覚めてしまうことがよくあったようなのは

詩を書くためであったので

苦痛を感じているものではなく

覚醒した意識はいや増して冴えわたっていたのかもしれません。

 

故郷の両親はこの中に現われたでしょうか。

 

古き佳き時代、明治を詩は懐旧する中に

三富朽葉の名が出てくるのは

ついでというものではなく

かなりな本心が露出したことのようです。

 

中也は

ことあるごとに朽葉に言及し

業績への敬意を途切らすことはありませんでした。

 

 

昭和9年(1934年)9月に書いた未発表評論「無題(自体、一と息の歌)」では

新体詩以来の詩を概観して、

 

後期印象派の要求が要望される限り、明治以来今日に到るまで、辛うじて三富朽葉と、岩野泡鳴を数

へることしかできないやうに思はれる

――と記すほどに絶賛しています。

 

 

 

今回はここまで。

2018年5月22日 (火)

中原中也・詩の宝島/ランボーの足跡(あしあと)/三富朽葉「わがさすらひ」

 

 

「わが放浪」Ma Bohèmeの同時代訳として

「新編中原中也全集」(第3巻「翻訳」解題篇)は

二つの作品を案内しています。

 

一つは三富朽葉(みつとみ・くちは)訳の「わがさすらひ」で 

大正15年(1926年)発行の「三富朽葉詩集」(第一書房)に、

一つは大木篤夫訳の「わが放浪」で

昭和3年(1928年)発行の「近代仏蘭西詩集」(アルス)に収録されているということで

このうちの三富朽葉訳が参考文献として掲載されています。

 

 

わがさすらひ

 

私は歩んだ 拳を底抜けの隠衣(かくし)へ、

上衣(うはぎ)も亦理想的に成つてゐる、

御(み)空の下を行く私は、ミュウズよ、私は御身の忠臣であつた、

オオ、ララ、どんなにすばらしい恋を私は夢みたであらう!

 

わが唯一のズボンは大穴ができてゐる、

一寸法師の夢想家の私は路路

韻をひねくつた。私の宿は大熊星に在つた。

わが空の星むらは優しいそよぎを渡らせた、

 

そして私はそれを聴いた、路傍(みちばた)に坐つて、

此の良い九月の宵毎に、露の雫の

わが額に、回生酒(きつけ)のやうなのを感じながら、

 

異様な影の中に韻を踏みながら

七絃のやうに、私はわが傷いた靴の

護謨紐(ごむひも)を引いた、片足を胸に当てて! 

 

 

 

三富朽葉詩集は

三富が千葉・犬吠埼の海で溺死してから

9年後の大正15年(1926年)に出版されました。

 

共に遊泳中の僚友、今井白楊が溺れているのを助けようとして

自らも命を落としたのは大正6年(1917年)のことでした。

 

 

中也が三富朽葉詩集を読んだのは

昭和11年(1936年)10月30日の日記に

先達から読んだ本として

何冊かの書籍を挙げる中に

三富朽葉詩集を記しているのが見つかりますが

昭和2年(1927年)6月4日の日記に、

 

岩野泡鳴

三富朽葉

高橋新吉

佐藤春夫

宮沢賢治

――などのメモがあり

早い時期に三富朽葉の詩を読んだ可能性があります。

 

「秋の一日」の制作が遡れる下限が

大正15年(1926年)であることを考えると

いっそう可能性は高くなる感じになりますが

だからといって

翻訳にその跡がはっきりしているわけではありません。

 

 

今回はここまで。

2018年5月20日 (日)

中原中也・詩の宝島/ランボーの足跡(あしあと)/「わが放浪」」(Ma Bohème)

 

 

「秋の一日」が

ランボーの「わが放浪」(Ma Bohème)を

色濃く反映していると読み取ることは

自然な感性といってよいでしょう。

 

どのようにしていつ

それが行われたかを説明することはできませんが

詩行への反映は火を見るよりも明らかですし

放浪の気分の底にあるものも共通しています。

 

 

わが放浪

 

私は出掛けた、手をポケットに突っ込んで。

半外套(はんがいとう)は申し分なし。

私は歩いた、夜天の下を、ミューズよ、私は忠僕でした。

さても私の夢みた愛の、なんと壮観だったこと!

 

独特の、わがズボンには穴が開(あ)いてた。

小さな夢想家・わたくしは、道中韻をば捻ってた。

わが宿は、大熊星座。大熊星座の星々は、

やさしくささやきささめいていた。

 

そのささやきを路傍(みちばた)に、腰を下ろして聴いていた

ああかの九月の宵々よ、酒かとばかり

額(ひたい)には、露の滴(しずく)を感じてた。

 

幻想的な物影の、中で韻をば踏んでいた、

擦り剥(む)けた、私の靴のゴム紐を、足を胸まで突き上げて、

竪琴みたいに弾きながら。

 

(「新編中原中也全集」第3巻「翻訳」より。新かなに変えました。編者。)

 

 

これは

中原中也が「ランボオ詩集」(1937年)に

翻訳したものです。

 

「秋の一日」の制作は

最も古く遡ったとして

大正15年(1926年)秋の可能性があります。

 

 

「秋の一日」の

ぽけっとに手を突込んで

――という1行が

そっくりそのままである上に

この放浪が

詩を作ることを歌っている詩であるところが

ピタリと軌を一にしています。

 

小さな夢想家・わたくしは、道中韻をば捻ってた。

――は

今日の日の魂に合う

布切屑(きれくず)をでも探して来よう。

――と響き合います。

 

 

そうでありながら

「秋の一日」は中也の詩です。

 

 

秋の一日

 

こんな朝、遅く目覚める人達は

戸にあたる風と轍(わだち)との音によって、

サイレンの棲む海に溺れる。 

 

夏の夜の露店の会話と、

建築家の良心はもうない。

あらゆるものは古代歴史と

花崗岩(かこうがん)のかなたの地平の目の色。

 

今朝はすべてが領事館旗(りょうじかんき)のもとに従順で、

私は錫(しゃく)と広場と天鼓(てんこ)のほかのなんにも知らない。

軟体動物のしゃがれ声にも気をとめないで、

紫の蹲(しゃが)んだ影して公園で、乳児は口に砂を入れる。

 

    (水色のプラットホームと

     躁(はしゃ)ぐ少女と嘲笑(あざわら)うヤンキイは

     いやだ いやだ!)

 

ぽけっとに手を突込んで

路次(ろじ)を抜け、波止場(はとば)に出(い)でて

今日の日の魂に合う

布切屑(きれくず)をでも探して来よう。

 

(「新編中原中也全集」第1巻「詩Ⅰ」より。新かなに変えました。編者。)

 

 

今回はここまで。

2018年5月19日 (土)

中原中也・詩の宝島/ランボーの足跡(あしあと)/「秋の一日」

 

 

中原中也は

1926年(大正15年・昭和元年)1月16日付けの正岡忠三郎宛書簡で

正岡に原語(フランス語)版のランボー著作集の送付を依頼し

1月26日付け書簡で

それを入手した御礼を書き送りました。

 

前年11月に長谷川泰子は中也から去り

小林秀雄と暮らしはじめましたから

上京して一人で迎えた新年はじめのことです。

 

 

この年に

「むなしさ」「朝の歌」「臨終」は書かれました。

 

年譜によると

この順序で制作されたようですが

断定はできません。

 

「山羊の歌」には

「初期詩篇」の中に

「朝の歌」の次に「臨終」が配置され

「むなしさ」は「在りし日の歌」の2番詩として配置されました。

 

「むなしさ」は

最初、1番詩(冒頭詩)の計画でしたが

長男文也の死の影響で

「含羞(はじらい)」に替えられました。

 

 

「むなしさ」と「朝の歌」と「臨終」と――。

 

この3作が

中也の詩活動の起点となりました。

 

「朝の歌」は

「詩的履歴書」(1936年)に、

大正十五年五月、「朝の歌」を書く。七月頃小林に見せる。それが東京に来て詩を人に見

せる最初。つまり「朝の歌」にてほぼ方針立つ。方針は立ったが、たった十四行書くため

に、こんなに手数がかかるのではとガッカリす。

 

――と記されるほどに

重大な生涯の出来事でした。

 

 

この1926年という年に

詩人はランボー詩集の原書を手に入れ

本格的に取り組むことになります。

 

 

それでは

ランボーが「山羊の歌」に現われるのは

いつだったのでしょうか?

 

「初期詩篇」をひもとくと

なんといってもはじめに目に飛び込んでくるのは

この詩です。

 

 

秋の一日

 

こんな朝、遅く目覚める人達は

戸にあたる風と轍(わだち)との音によって、

サイレンの棲む海に溺れる。 

 

夏の夜の露店の会話と、

建築家の良心はもうない。

あらゆるものは古代歴史と

花崗岩(かこうがん)のかなたの地平の目の色。

 

今朝はすべてが領事館旗(りょうじかんき)のもとに従順で、

私は錫(しゃく)と広場と天鼓(てんこ)のほかのなんにも知らない。

軟体動物のしゃがれ声にも気をとめないで、

紫の蹲(しゃが)んだ影して公園で、乳児は口に砂を入れる。

 

    (水色のプラットホームと

     躁(はしゃ)ぐ少女と嘲笑(あざわら)うヤンキイは

     いやだ いやだ!)

 

ぽけっとに手を突込んで

路次(ろじ)を抜け、波止場(はとば)に出(い)でて

今日の日の魂に合う

布切屑(きれくず)をでも探して来よう。

 

(「新編中原中也全集」第1巻「詩Ⅰ」より。新かなに変えました。編者。)

 

 

今回はここまで。

2018年5月17日 (木)

中原中也・詩の宝島/ランボーを介した交流<はじまり・その26>/恋の別れ

 

 

「在りし日の歌」の「永訣の秋」が

別れの章であることは

章題の字義通りのことです。

 

この章に

「あばずれ女の亭主が歌った」が配置されていることは

「或る男の肖像」が配置されていることとともに

瞠目(どうもく)しないでは済まされないことです。

 

この詩はさらに

「ゆきてかへらぬ」や

「村の時計」や

「米子」が配置されていることにも

目を奪うことになります。

 

いずれにも女性が登場し

この女性たちは何のつながりもないように見えますが

長谷川泰子の影を否定することができません。

 

 

あばずれ女の亭主が歌った

 

おまえはおれを愛してる、一度とて

おれを憎んだためしはない。

 

おれもおまえを愛してる。前世から

さだまっていたことのよう。

 

そして二人の魂は、不識(しらず)に温和に愛し合う

もう長年の習慣だ。

 

それなのにまた二人には、

ひどく浮気な心があって、

 

いちばん自然な愛の気持を、

時にうるさく思うのだ。

 

佳(よ)い香水のかおりより、

病院の、あわい匂(にお)いに慕いよる。

 

そこでいちばん親しい二人が、

時にいちばん憎みあう。

 

そしてあとでは得態(えたい)の知れない

悔(くい)の気持に浸るのだ。

 

ああ、二人には浮気があって、

それが真実(ほんと)を見えなくしちまう。

 

佳い香水のかおりより、

病院の、あわい匂いに慕いよる。

 

(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。新かなに変えました。編者。)

 

 

この詩はなかでも

恋愛の爛熟(らんじゅく)を歌っていて

ひときわ元気です。

 

「或る男の肖像」の彼が

死んでいるのに

この詩では

生の頂点にある男女が主役です。

 

とはいえ

この詩は

永訣を歌った絶唱詩群の一つです。

 

 

今回はここまで。

«中原中也・詩の宝島/ランボーを介した交流<はじまり・その25>/悔しき人