2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

2017年12月11日 (月)

新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/木原孝一「音楽」へ・続続続

 

 

 

「音楽1」は

いよいよ終局にさしかかります。

 

 

わたしにはわかっていた

この船は沈むのだ と

海には国境がないが われわれには戦争があった

 

 

この船というのは

わたしが乗り組んでいるこの船のことで

それがいずれ沈むことがわかっていたというのです。

 

いや、実際に乗り組んでいた船をイメージする必要もなく

この船は戦争というものの比喩です。

 

戦争に勝つ見込みのないことを

詩人は早い時期に自覚していたのでしょう。

 

海に国境はなくても

戦争は国と国との戦いですから

勝ちか負けしかなく

負けることがはっきりしていたことを

わたしは戦いのさなかに知っていました。

 

 

櫂がなかったというのは

武器弾薬がなかったことをいうのでしょうし

舵がなかったというのは

よきリーダーがいなかったことをいうのでしょうか。

 

救命具を背負って浮いていた戦友たちは

広大な海のなかで

孤独な心を繋ぐのに必死でした。

 

 

この広大で底深くて巨大な海、太平洋に

一人浮んでいるという恐ろしく孤独であるとき

わたしははっきり聞きます。

 

何を聞いたのだろう?

――という疑問はすぐさま

この詩(人)が渾身の魂を込めて

刻み出した言葉と格闘するしかないところへと導かれてゆきます。

 

 

光りのなかの暗黒。

 

強烈な光を見てしまったときに

思わず目を瞑(つぶ)り

網膜上に暗黒が映し出されるといった自然現象を

この詩行は示しているでしょうか。

 

死のなかの時。

 

死のなかに生があるというような奇跡を

この言葉は示しているでしょうか。

 

あるいは、それに似たようなことを

言っているかもしれません。

 

暴風雨のなかの沈黙の音の流れ、というのは

光りのなかの暗黒、と

死のなかの時、と

同じようなもの、あるいは似たようなものと受け取ってよいはずですから

暴風雨のさなかにも

一瞬、沈黙が訪れることがあり

沈黙の音が、音のしない音が流れて

その沈黙の音を

詩(人)ははっきり聞いたのでした。

 

 

いや、これではまだ

うまくつかまえ切れていないようですね。

 

こう言った方がいいかもしれません。

 

詩人が聞いたのは

暴風雨の音でないことは確かですから

沈黙の音の流れは

自然に存在する音ではないことに思い致したほうがよいでしょう。

 

それは詩人の想念のなかに

渦巻いていた音の流れです。

 

詩人はそれを音楽と名づけたのであり

それは想像するしかない音楽です。

 

光りのなかの暗黒、と

死のなかの時、と

暴風のなかの沈黙の音の流れ

――とは、それを想像するための有力なヒントになるものです。

 

ヒントであり

しかし答えでもあります。

 

 

途中ですが

今回はここまで。

 

2017年12月 9日 (土)

新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/木原孝一「音楽」へ・続続

 

関東大震災があったころより

少し時代が進んだ時期――。

 

詩人は

立派な少年に成長しています。

 

 

ひとりの天才が世界一周飛行に成功した

ふたりの無政府主義者が死刑になった

支那の英雄が爆薬で殺された 豪華な専用列車とともに

 

ちいさな鉱石ラジオに耳を押しつけると

木馬館や 水族館のマアチがきこえた

もっと遠くから 飢えた難民の声がきこえた

はるかに遠いところから

三人の独裁者の 空に反響する叫びがきこえた

マイン・カンプ!

 

 

世界1周飛行の成功に世界は湧き

ふたりの無政府主義者が処刑され

中国の英雄が爆薬で殺された

――という歴史的事件がこんどは呼び出されます。

 

いずれも史実とこれら詩行との間には

認識の誤差があるようですが

詩が向かうところの真実は

史実の真相を探るものではありません。

 

 

チャールズ・リンドバーグ

サッコ&ヴァンゼッティ

張作霖

――という、

1920年代後半に

世界中の耳目を興奮させた3つの事件の主人公たち。

 

リンドバーグはアメリカの飛行家。

 

1927年に単葉単発単座のプロペラ機でニューヨーク・パリ間を

ついで1931年には北太平洋横断飛行にも成功したことで知られます。

 

正確にはパリ・ニューヨーク間と北太平洋横断飛行でしたが

詩人はこれを世界1周飛行と記します。

 

ドイツとアメリカの世論を割った政治的事件に

触れることもありません。

 

サッコ・ヴァンゼッティ事件は

アメリカの裁判史上に残る冤罪事件。 

 

サッコとヴァンゼッティは

1927年、電気椅子で処刑されてしまいました。

 

死刑執行後50年を経過し

冤罪であることが証明されました。

 

中国の大軍閥である張作霖は

1928年に日本軍(関東軍)により暗殺されました。

 

 

3つの事件(ニュース)は

歴史的な関係があるものではなく

詩人の記憶に残るものを任意に取り上げたにすぎないことでしょう。

 

世界史に刻まれる大事件への言及であるため

歴史を学習する(読む)姿勢になりますが

詩(人)を見失わないように気をつけねばなりません。

 

 

1927年、1928年は

詩人が小学校の低学年に達したころのことです。

 

ものごころがついた少年が

鉱石ラジオに耳を澄ませている姿が現れます。

 

 

ちいさな鉱石ラジオに耳を押しつけると

木馬館や 水族館のマアチがきこえた

もっと遠くから 飢えた難民の声がきこえた

はるかに遠いところから

三人の独裁者の 空に反響する叫びがきこえた

マイン・カンプ!

 

 

ざーざーとノイズのはげしい

掌(てのひら)に乗るラジオに耳を押しつける少年に聞こえてきたのは

はじめ、浅草あたりの遊技場のマーチか。

 

木馬館も水族館も

見世物小屋などとともに

浅草の遊興の売り物でした。

 

ある日、その歓楽地の雑沓の合間に

難民の声を聞くのです。

 

メリーゴーランドが回転する遥か向うに

少年は3人の独裁者の演説が

天空に反響するのを聞きます。

 

歓呼に迎えられるハイル・ヒトラー!

 

 

戦争を熱望する大衆のうなり声が

ノイズまじりの小さなスピーカーから洩れ出るのです。

 

学校帰りのひとりっきりの時間に聞いてしまった

秘密のようでそれはありました。

 

ふるえる耳の底で

はじめて魔術の声に呼ばれた

その瞬間でした。

 

あるいはそれは

空耳(そらみみ)だったのか。

 

地を潜る蟻の足音だったかもしれないのでした。

 

無数の蟻が地下で立ち働く

轟のような足音が

ハイル・ヒトラーの合唱にかぶります――。

 

 

ここにきて

詩はこの詩の現在にたどり着きます。

 

 

途中ですが

今回はここまで。

2017年12月 8日 (金)

新川和江とその周辺/1953年の詩人たち・「始発駅まで」/木原孝一「音楽」へ・続

 

 

わたしは

それがどんなものだったか記憶していない

生まれて はじめてないた 涙のない声

 

 

「音楽1」をはじめの詩行から読んでいきましょう。

 

それとはなんでしょうか。

 

なにかを指示していますが

詩(人)にもどんなものだったか記憶されていないものと明らかにされて

この詩ははじまります。

 

記憶がないのに

記憶をたどり返そうとする詩のなかへ

いきなり投げ出されるのですが

実はいくらかの手がかりになる記憶があるようです。

 

記憶されていないとはいいながらも

それは

生まれて初めて泣いた

涙のない声へと遡っていきます。

 

それは

詩人の呱呱の声(誕生)の記憶らしい。

 

初めて泣いた

涙もない

声だけの記憶――。

 

 

ロンドンでは ひとりの詩人が

「荒地」のなかにしきりに神の降誕を求めていた

パリでは

アッシュの棒を愛した 嗄れ声の亡命者が

紫外線と 娼婦のなかに われわれの

「ユリシイズ」を熱烈に夢みた

 

わたしは乳房を吸う舌のさきで

そのひとたちの言葉を聞いたように思う

あるいは 夜明けの鳥のはばたきだったかもしれない

 

 

1922年(大正11年)生まれの詩人は

そのころ世界を騒がした歴史的事件を呼び出します。

 

記憶に残らないはずの

生年時の世界がどのようであったかを知れば

記憶が生じるかもしれないとでも考えたかのように。

 

そこで現われるロンドンの詩人は

「荒地」という詩を作ったT・S・エリオット。

「荒地」は

日本の「荒地」派詩人たちのバイブルのような詩です。

 

もう一人のパリの亡命者は

「ユリシイズ」という小説を著わしたジェームズ・ジョイス。

 

ジョイスは、アイルランド人ですが

海外生活が長かったので

亡命者と錯覚されたのか

意図したのか。

 

木原孝一が間違えて認識したか

詩作上の意図(技術)だかどうかわかりません。

 

アッシュの棒を愛した 嗄れ声の亡命者が

紫外線と 娼婦のなかに われわれの「ユリシイズ」を夢見た

――とあるのは

現代のオデュッセウス(ユリシ-ズはその英語読み)の冒険を指しています。

 

 

記憶の定かでない誕生のころをたどろうとして

エリオットとジョイスを引っ張り出したのは

単なるペダントリー(衒学)ではもちろんなく

「音楽」というこの詩が目指そうとしているテーマへの導入に不可欠な存在です。

 

きっと神とか愛とか死とか……の

メタフィジカルな(形而上)問いへ

向かおうとしている印(しるし)に違いありません。

 

 

わたしは乳房を吸う舌のさきで

そのひとたちの言葉を聞いたように思う

あるいは 夜明けの鳥のはばたきだったかもしれない

 

 

母親の乳に吸いつく子は

すでに形而上の世界に存在していました。

 

誕生直後の乳児に残る記憶であるかのように

エリオットやジョイスの言葉を聞いたというのは

成人して後のことであるはずですから

乳房を吸いながら聞いた(見た)のは

夜明けの鳥のはばたきだったかもしれない。

 

形而上も形而下も

一つながりのものでした。

 

これは混同ではなく

あいまいなものでもなく

記憶にない記憶の記憶というようなものです。

 

 

全行をまずはひと通り読み

もう一度じっくり意味を追いながら読みはじめると

3段階に分けられた字下げの構造が気になり出します。

 

この構造の意図はなんだろう?

 

字下げ段落(連)のそれぞれの語り手と詩(人)との位置関係は

どうなっているのだろう。

 

歴史は進んだのでしょうか。

 

少しは進んだのでしょう。

 

1923年の関東大震災の経験が語られますが

1歳になったかどうかの乳飲み子が見たのは

終末におののく母親であり

革命に恐怖する父親の姿でした。

 

 

わたしは

確かに人間の死を見たらしい。

 

それもはっきりとした記憶というより

海の底の神話世界かなにかを見るように

魚のはねる音のようにも聞こえました。

 

 

こうしていつしか

木原孝一が紡ぐ詩の世界に入っていますが

歴史は遅々として進みません。

 

 

途中ですが

今回はここまで。

2017年12月 6日 (水)

新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/木原孝一「音楽」へ

 

 

木原孝一の詩を読みましょう。

 

 

音楽1

 

        わたしは

        それがどんなものだったか記憶していない

        生まれて はじめてないた 涙のない声

 

ロンドンでは ひとりの詩人が

「荒地」のなかにしきりに神の降誕を求めていた

パリでは

アッシュの棒を愛した 嗄れ声の亡命者が

紫外線と 娼婦のなかに われわれの

「ユリシイズ」を熱烈に夢みた

 

    わたしは乳房を吸う舌のさきで

    そのひとたちの言葉を聞いたように思う

    あるいは 夜明けの鳥のはばたきだったかもしれない

 

        三才 大きな地震があった

        わたしの部屋は燃え

        玩具のケイブルカアは潰れた

 

母は 終末の日が来た と云って祈り

父は 革命 とつぶやいて恐れ

ちいさなビスケットと蟻の実を食べた

くさった梨のひときれののなかに 地獄も 神もあったのだ

世界でいちばん偉い王様はだあれ?

乞食の王様はだあれ?

 

    わたしはひびいった土地をはいまわる指のさきで

    人間の死が答えてくれたように思う

    あるいは 海の魚のはねる音だったかも知れない

 

        ひとりの天才が世界一周飛行に成功した

        ふたりの無政府主義者が死刑になった

        支那の英雄が爆薬で殺された 豪華な専用列車とともに

 

ちいさな鉱石ラジオに耳を押しつけると

木馬館や 水族館のマアチがきこえた

もっと遠くから 飢えた難民の声がきこえた

はるかに遠いところから

三人の独裁者の 空に反響する叫びがきこえた

マイン・カンプ!

 

    わたしはふるえる耳の底で

    はじめて魔術の声に呼ばれたように思う

    あるいは 地を潜る蟻の足音だったかも知れない

 

        わたしにはわかっていた

        この船は沈むのだ と

        海には国境がないが われわれには戦争があった

 

櫂がなかった 舵がなかった

救命具を背負ったわれわれの仲間は

おびただしい泡のなかで

孤独な心と心とを ロオプでつなぎあわせた

太平洋!

この深い広い 最大の海にはわれわれをつなぐなにものもない

 

    わたしは そのとき はっきり聞いた

    光りのなかの暗黒

    死のなかの時

    暴風雨のなかの沈黙の音の流れを

 

(現代詩文庫47「木原孝一詩集」より。)

 

 

この詩は

現代詩文庫47「木原孝一詩集」の冒頭詩です。

 

詩集をめくると1番目にある詩です。

 

 

詩論ばかり読んでいると

詩を忘れてしまい

なんだか空しくなってきますから

やはり詩を読むことにしました。

 

詩人の伝記を読んでいても

詩を読まないでいると

なんだか肝腎要(かんじんかなめ)から外れている気がしてくるのも

同じようなことでしょうから

やはり詩を読むのが一番ですし。

 

 

木原孝一は

秋谷豊がいちはやくそれに気づくまでもなく

エッセイ(散文)を盛んに発表していましたし

そのエッセイの中身は

日本の詩のたどるべき方向とか

現代詩の未来とかといった

大きなテーマに向かうエネルギーに満ちています。

 

詩作品も

散文詩、短詩、長詩、劇詩……と多岐にわたり

ときに実験的、先進的な試みにも挑んでいます。

 

その根元に戦争がありますから

繰り返し繰り返し

永遠に捉えきることのできないかもしれないこのテーマに

取り組んでいるかのようです。

 

書き切れないテーマに

運命的にぶつかって

終わりなき旅をつづけるかのようです。

 

 

これまで読んだのは

比較的に短い詩や散文詩で

詩人がすぐ近くにいるような呼吸のようなものがありました。

 

これらの詩の世界とは異なって

詩人の極限体験に基づく詩の山脈があって

そこには煮詰められた思索がぎっしり詰まっているのが

長詩や詩劇でしょう。

 

そういう意味でも

この冒頭詩をいっこくも早く読みたかったのですが

なかなかとっかかりがつかめませんでした。

 

散文詩集「星の肖像」の幾つかを読んで

「木原孝一詩集」の構成がわかりかけてきて

いま、ようやく、冒頭のこの詩の前に立っています。

 

 

冒頭詩がなぜ「音楽」なのだろうか。

 

はじめに立ちのぼってくるのは

この問いです。

 

 

途中ですが

今回はここまで。

2017年12月 5日 (火)

新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/秋谷豊と木原孝一

 

 

 

血と火との惨憺たる祭典の中に

すべては葡萄の葉のやうにむしられてしまった

 

木原孝一の持つ近代的な感覚は常に回転する時代のダイナモである。かれは1946年の日本をそのダイナミックな眼でながめるのである。

 

(「純粋詩」第10号・1946年12月より。新漢字・洋数字に改めました。以下同。)

 

 

この記述は

秋谷豊の評論「日本文学に於ける現代詩の位置」のなかの章「詩人論」にあります。

 

この評論が

1946年12月発行の「純粋詩」第10号に

秋谷豊が残した最後の仕事でした。

 

この評論のなかに

木原孝一の名前がしばしば登場します。

 

 

「現代詩の課題」

「詩学の確立」

「現代詩の展開」

「方法論の効用」

「主知主義の錯誤」

「シュールレアリズムとサンボリズム」

「詩人論」

「一年の回顧」

「現代詩の将来」

――と9章仕立てのなかの

「詩学の確立」には――。

 

 

敗戦直後、あの惨憺たる廃墟の虚無の中を、いち早く希望に満ちた足どりで歩みはじめたのは、やはり北園克衛の郷土史運動につながる若き詩人の一群であった。即ち木原孝一、八束龍平、相田謙三、赤井喜一、小田雅彦、武田武彦、吉木幸子、國友千枝などが、その前途は暗澹たるものながら、一つの角度によりすがらんとして出発したのである。

 

 

「方法論の効用」の中には――。

 

現在の僕達の詩壇が持つ脆弱性の一つとして、僕はエッセイの貧困を指摘したいと思ふ。今日、年少詩人の多くが詩の実体の確実な把握もなく、徒らに過去に追従してゐると言ふことが、その何よりの証拠であらう。勿論それは、原則的なるが故にその理論体系のエッセイを要望したいのである。

 

かかる意味に於いて、「近代詩苑」創刊号の木原孝一の「純粋詩の新しき命題に関する考察」及び「純粋詩」9月号の福田律郎の「純粋詩の美学」は何れも本質論としてのイデオロギイを示したものであると思ふ。

 

――とあり、

 

最後は「詩人論」に

冒頭の詩行を引用しての評言があります。

 

 

木原孝一が

敗戦後の廃墟のなかで

いちはやく声をあげたことが彷彿としてきますし

詩作品ばかりでなく

散文(エッセイ)の領域でも

注目すべき仕事をはじめていたことを

秋谷豊の広範な目配りは見逃すことがありませんでした。

 

木原孝一はバイタリティーある詩人でしたし

秋谷豊は世界を広く見ている詩人でした。

 

 

木原孝一の「純粋詩」発表作品を整理しておきましょう。

 

1946年12月(第10号)

星の肖像

 

1947年2月(第12号)

シュルレアリズムに関するノート(評論)

 

同年8月(第18号)

Chanson ‘amour

ヂレッタンティズムの誘惑(評論)

 

同年10月(第20号)

純粋な鶯の変声期に就いて(評論)

 

1948年1月(第23号)

告別

 

同年3月(第24号)

新しきフランスへ(評論)

 

――といったラインアップになります。

 

 

「荒地詩集」へは、

1951年から1958年の間に

「幻影の時代」

「無名戦士」

「犠牲」(詩劇)

「海の梟」(詩劇)

「時と河のながれ」

「遠い国」

「密使」

――といった詩および詩劇を発表しています。

 

 

途中ですが

今回はここまで。

 

«新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/木原孝一と「詩学」