2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

2017年6月28日 (水)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その44/「聞こえぬ悲鳴」

 

 

昭和10年(1935年)4月23日付けの詩人の日記に

「昨夜2時迄読書。それより2篇の詩を物し、終ること4時半」

――と記されてある2篇の詩の一つが「聞こえぬ悲鳴」であり

もう一つが「十二月の幻想」です。

(「新編中原中也全集」第1巻・解題篇。)

 

 

「聞こえぬ悲鳴」が

深夜、詩人を襲う悲しみを歌ったものだとすると

その悲しみの原因は

このタイトルと関係するようです。

 

 

聞こえぬ悲鳴

 

悲しい 夜更(よふけ)が 訪(おとず)れて

菫(すみれ)の 花が 腐れる 時に

神様 僕は 何を想出(おもいだ)したらよいんでしょ?

 

痩せた 大きな 露西亜(ロシア)の婦(おんな)?

彼女の 手ですか? それとも横顔?

それとも ぼやけた フイルム ですか?

それとも前世紀の 海の夜明け?

 

ああ 悲しい! 悲しい……

神様 あんまり これでは 悲しい

疲れ 疲れた 僕の心に……

いったい 何が 想い出せましょ?

 

悲しい 夜更は 腐った花弁(はなびら)――

   噛(か)んでも 噛んでも 歯跡もつかぬ

   それで いつまで 噛んではいたら

   しらじらじらと 夜は明けた

  

              ――一九三五、四――

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。新かなに変えました。)

 

 

この詩に、

痩せた 大きな 露西亜(ロシア)の婦(おんな)

彼女の 手 

それとも横顔

――と女性が出てくるのは何故でしょうか。

 

この詩では

悲しみで疲れてしまった僕には

痩せた大きな露西亜の女性を思い出せといっても無理だし

彼女の手も、横顔も

思い出そうとする気力もパワーもないのだから

見当外れなことを言わないでほしいと

力なく歌っているのですが

わざわざそれを言うこと自体には

やはり意味があるものと見なければならないでしょう。

 

意味のないことを

わざわざ詩行にするわけがありませんから。

 

その理由こそ

腐った花弁(はなびら)にあるようです。

 

 

腐った花弁は

菫の花が出てきますが

モノとしての実態をもつものではなく

そのような時間を指しているところに

詩の技があるようなメタファーでしょう。

 

誰にも聞こえない悲鳴を

詩人だけは聞いていて

だから誰にもわかって貰えない

その時間を

菫(すみれ)の 花が 腐れる 時

――と表現した

絶妙のメタファー(暗喩)です。

 

 

噛んでも噛んでも噛めない

けれども

噛むしか方法のない厄介な時間に

止むことなく立ちのぼってくる悲しみは

誰にも伝えることができないというのです。

 

 

この感情は

不吉なサイレンを聞くことになります。

 

 

十二月(しわす)の幻想

 

ウー……と、警笛が鳴ります、ウウウー……と、
皆さん、これは何かの前兆です、皆さん!
吃度(きっと)何かが起こります、夜の明け方に。
吃度何かが夜の明け方に、起こると僕は感じるのです

――いや、そんなことはあり得ない、決して。
そんなことはあり得ようわけがない。
それはもう、十分冷静に判断の付く所だ。
それはもう、実証的に云(い)ってそうなんだ……。

ところで天地の間には、
人目に付かぬ条件があって、
それを計上しない限りで、
諸君の意見は正しかろうと、

一夜彗星(すいせい)が現れるように
天変地異は起ります
そして恋人や、親や、兄弟から、
君は、離れてしまうのです、君は、離れてしまうのです

           (一九三五・四・二三)

 

2017年6月27日 (火)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その43/「或る夜の幻想(1・3)」再

 

 

「或る夜の幻想(1・3)」が

昭和12年(1937年)の「四季」3月号に

発表されたのには

相当の理由があったことでしょう。

 

この詩ははじめ全6節でした。

 

第1節、「彼女の部屋」

第2節、「村の時計」

第3節、「彼女」

第4節、「或る男の肖像」

第5節、「無題――幻滅は鋼(はがね)のいろ。」

第6節、「壁」

――という構成でしたが

「在りし日の歌」には

第2節、第4、5、6節が

「或る男の肖像」として収録されただけでした。

 

元の詩の

男の物語だけが「在りし日の歌」に収録され

女の物語が省略されました。

 

「或る夜の幻想(1・3)」に現われる彼女は

長谷川泰子に違いありませんが

昭和12年(というのは詩人が亡くなる年です)に

歌われていたということは驚きです。

 

 

或る夜の幻想(1・3)

 

    1 彼女の部屋

 

彼女には

美しい洋服箪笥(ようふくだんす)があった

その箪笥は

かわたれどきの色をしていた

 

彼女には

書物や

其(そ)の他(ほか)色々のものもあった

が、どれもその箪笥(たんす)に比べては美しくもなかったので

彼女の部屋には箪笥だけがあった

 

  それで洋服箪笥の中は

  本でいっぱいだった

 

   3 彼 女

 

野原の一隅(ひとすみ)には杉林があった。

なかの一本がわけても聳(そび)えていた。 

 

或(あ)る日彼女はそれにのぼった。

下りて来るのは大変なことだった。

 

それでも彼女は、媚態(びたい)を棄てなかった。

一つ一つの挙動(きょどう)は、まことみごとなうねりであった。

 

夢の中で、彼女の臍(おへそ)は、

背中にあった。

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。新かなに変えました。)

 

 

この詩の彼女は

長谷川泰子を実際のモデルにしながら

詩の中に現われた途端に

何か血の流れる身体というよりも

どこかしら作り物めいた人工的なイメージさえするのは

詩に現れる女性が

もともとシュール(超現実的)に描かれているからでしょうか。

 

人によって受け止め方は違うのでしょうが

妙に不思議な存在感があります。

 

 

或る日の夜の幻想ですから

そうなるのだとしても

遠い日の恋(そしてその終わり)を

フィクションに仕立てられるほど

手なずけることができたからかもしれません。

 

それにしてもどこかしら

彼女は遠い存在のようです。

2017年6月25日 (日)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その43/「漂々と口笛吹いて」」

 

 

「漂々と口笛吹いて」は

11月の事件と正面対峙した果てに

秋は主格になり

主格となった秋は擬人化されます。

 

 

漂々と口笛吹いて

 

漂々(ひょうひょう)と 口笛吹いて 地平の辺(べ)

  歩き廻(まわ)るは……

一枝(ひとえ)の ポプラを肩に ゆさゆさと

葉を翻(ひるが)えし 歩き廻るは

 

褐色(かちいろ)の 海賊帽子(かいぞくぼうし) ひょろひょろの

ズボンを穿(は)いて 地平の辺

   森のこちらを すれすれに

目立たぬように 歩いているのは

 

あれは なんだ? あれは なんだ?

あれは 単なる呑気者(のんきもの)か?

それともあれは 横著者(おうちゃくもの)か?

あれは なんだ? あれは なんだ?

 

  地平のあたりを口笛吹いて

  ああして呑気に歩いてゆくのは

  ポプラを肩に葉を翻えし

  ああして呑気に歩いてゆくのは

  弱げにみえて横著そうで

  さりとて別に悪意もないのは

 

あれはサ 秋サ ただなんとなく

おまえの 意欲を 嗤(わら)いに 来たのサ

あんまり あんまり ただなんとなく

嗤いに 来たのサ おまえの 意欲を

 

  嗤うことさえよしてもいいと

  やがてもあいつが思う頃には

  嗤うことさえよしてしまえと

  やがてもあいつがひきとるときには

 

冬が来るのサ 冬が 冬が

野分(のわき)の 色の 冬が 来るのサ

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えました。)

 

 

秋が詩のテーマになっても

事件の内容にはいっさい触れられていません。

 

秋は

別に悪意もなく

ただ口笛を吹いて

呑気に

地平線のあたりを歩いているだけです。

 

秋が行けば

やがて冬が来るだけの

合図でしかないように

詩人は慣れっこになって

秋と親しんでいるかのよう。

 

もはや

テーマのようです、

詩の。

 

 

制作は昭和11年(1936年)9月、

「少女画報」同11年11月号に発表されました。

 

戦争前夜です。

2017年6月24日 (土)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その42/「秋を呼ぶ雨」」

 

 

「秋を呼ぶ雨」は

機関紙「文芸懇話会」の昭和11年(1936年)9月号に発表されました。

 

「文芸懇話会」といえば

国家による文化統制の一断面、

文学・文壇への支配の歴史が想起され

中原中也へもその触手が伸びた

――とすぐさま緊張感が走りますが

中也がどれほど国家の政策を警戒していたか

詳しいことはわかりません。

 

そのことはやはり

詩そのものに明らかなはずです。

 

 

秋を呼ぶ雨

 

   1

 

畳の上に、灰は撒(ま)き散らされてあったのです。

僕はその中に、蹲(うずく)まったり、坐(すわ)ったり、寝ころんだりしていたのです。

秋を告げる雨は、夜明け前に降り出して、

窓が白む頃、鶏の声はそのどしゃぶりの中に起ったのです。

 

僕は遠い海の上で、警笛(けいてき)を鳴らしている船を思い出したりするのでした。

その煙突は白く、太くって、傾いていて、

ふてぶてしくもまた、可憐(かれん)なものに思えるのでした。

沖の方の空は、煙っていて見えないで。

 

僕はもうへとへとなって、何一つしようともしませんでした。

純心な恋物語を読みながら、僕は自分に訊(たず)ねるのでした、

もしかばかりの愛を享(う)けたら、自分も再び元気になるだろうか?

 

かばかりの女の純情を享けたならば、自分にもまた希望は返って来るだろうか?

然(しか)し……と僕は思うのでした、おまえはもう女の愛にも動きはしまい、

おまえはもう、此(こ)の世のたよりなさに、いやという程やっつけられて了(しま)ったのだ!

 

   2

 

弾力も何も失(な)くなったこのような思いは、

それを告白してみたところで、つまらないものでした。

それを告白したからとて、さっぱりするというようなこともない、

それ程までに自分の生存はもう、けがらわしいものになっていたのです。

 

それが嘗(かつ)て欺(あざむ)かれたことの、私に残した灰燼(かいじん)のせいだと決ったところで、

僕はその欺かれたことを、思い出しても、はや憤(いきどお)りさえしなかったのです。

僕はただ淋しさと怖れとを胸に抱いて、

灰の撒き散らされた薄明(はくめい)の部屋の中にいるのでした。

 

そしてただ時々一寸(ちょっと)、こんなことを思い出すのでした。

それにしてもやさしくて、理不尽(りふじん)でだけはない自分の心には、

雨だって、もう少しは怡(たの)しく響いたってよかろう…………

 

それなのに、自分の心は、索然(さくぜん)と最後の壁の無味を甞(な)め、

死のうかと考えてみることもなく、いやはやなんとも

隠鬱(いんうつ)なその日その日を、糊塗(こと)しているにすぎないのでした。

 

    3

 

トタンは雨に洗われて、裏店の逞(たくま)しいおかみを想(おも)わせたりしました。

それは酸っぱく、つるつるとして、尤(もっと)も、意地悪でだけはないのでした。

雨はそのおかみのうちの、箒(ほうき)のように、だらだらと降続(ふりつづ)きました。

雨はだらだらと、だらだらと、だらだらと降続きました。

 

瓦(かわら)は不平そうでありました、含まれるだけの雨を含んで、

それは怒り易(やす)い老地主の、不平にも似ておりました。

それにしてもそれは、持って廻(まわ)った趣味なぞよりは、

傷(いた)み果てた私の心には、却(かえっ)て健康なものとして映るのでした。

 

もはや人の癇癖(かんぺき)なぞにも、まるで平気である程に僕は伸び朽(く)ちていたのです。

尤も、嘘だけは癪(しゃく)に障(さわ)るのでしたが…………

人の性向を撰択するなぞということももう、

早朝のビル街のように、何か兇悪(きょうあく)な逞(たくま)しさとのみ思えるのでした。

 

――僕は伸びきった、ゴムの話をしたのです。

だらだらと降る、微温(びおん)の朝の雨の話を。

ひえびえと合羽(かっぱ)に降り、甲板(デッキ)に降る雨の話なら、

せめてもまだ、爽々(すがすが)しい思いを抱かせるのに、なぞ思いながら。

 

   4

 

何処(どこ)まで続くのでしょう、この長い一本道は。

嘗(かつ)てはそれを、少しづつ片附(かたづ)けてゆくということは楽しみでした。

今や麦稈真田(ばっかんさなだ)を編(あ)むというそのような楽しみも

残ってはいない程、疲れてしまっているのです。

 

眠れば悪夢をばかりみて、

もしそれを同情してくれる人があるとしても、

その人に、済まないと感ずるくらいなものでした。

だって、自分で諦(あきら)めきっているその一本道…………。

 

つまり、あらゆる道徳(モラリテ)の影は、消えちまっていたのです。

墓石(ぼせき)のように灰色に、雨をいくらでも吸うその石のように、

だらだらとだらだらと、降続くこの不幸は、

もうやむものとも思えない、秋告げるこの朝の雨のように降るのでした。

 

   5

 

僕の心が、あの精悍(せいかん)な人々を見ないようにと、

そのような祈念(きねん)をしながら、僕は傘さして雨の中を歩いていた。

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えました。)

 

 

詩人、29歳の制作です。

 

29歳は

詩人が長谷川泰子とともに上京した

大正14年(1925年)から10年余。

 

上京したこの年の11月に

事件は起きました。

 

泰子が中也を去り

小林秀雄と暮らしはじめたという事件です。

 

以来、秋は

中也のトラウマになります。

 

厳密に言えば

詩のテーマになります。

2017年6月23日 (金)

中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その41/「童女」

 

 

これから読む詩「童女」をまた

ここで取り上げてよいものか

まったく見当外れであるかも知れませんが

解釈次第では

可能的な読みの範囲に入るという幅を取って

やはり読むことにしました。

 

 

謎の多い詩です。

 

一つ謎が解ければ

謎の全部も解けていくような作りの詩であるかも知れません。

 

 

童 女

 

眠れよ、眠れ、よい心、

おまえの肌えは、花粉だよ。

 

飛行機虫の夢をみよ、

クリンベルトの夢をみよ。

 

眠れよ、眠れ、よい心、

おまえの眼(まなこ)は、昆虫だ。

 

皮肉ありげな生意気な、

奴等(やつら)の顔のみえぬひま、

 

眠れよ、眠れ、よい心、

飛行機虫の、夢をみよ。

クリンベルトの夢をみよ。

 

(「新編中原中也全集」第1巻より。現代かなに変えました。)

 

 

この詩が

呼びかけている相手は

だれでしょうか?

 

童女であることは間違いありませんが

字義通り、童女なのでしょうか?

 

純粋無垢の幼児を

リアリスティックに想定してよいのでしょうか?

 

 

花粉

昆虫

――という喩(たとえ)がまずはひっかかります。

 

この二つとも

童女の身体の部分(肌と眼)の比喩(述語)ですが

この比喩が指し示す意味は

どんなことでしょうか?

 

そこにさまざまな読みが可能です。

 

肌が花粉

眼が昆虫。

 

 

眠れ、眠れ、よい心

そして

おまえ、と呼びかける相手に

見させたい夢は

飛行機虫の夢

クリンベルトの夢、ですが。

 

クリンベルトが謎であっても

飛行機虫のイメージは

さほど見当外れにならないはずの想像を働かせることはできます。

 

まどろみを誘うような心地よい

生き物(飛行機虫)が見る夢を

よい心、おまえが見るように

この詩は歌っていると読むことができるでしょう。 

 

 

ここまで読んで

童女は童女であり続けます。

 

童女は幼児のままですが

純粋無垢の成熟した女性の影が

ふとどこからともなく射して来るのには

理由が見当たりません。

 

童女は

濁世(じょくせい)に身を置き

純粋無垢を維持することが危ぶまれる存在ですから

どうにかして

その危険から守ってあげたいと思うこころが

詩の作者にあるのでしょう。

 

 

そのこころは

恋心(こいごころ)と無縁ではありません。

 

となるとこの詩は

大人の子守唄、すなわちラブソングではないかとも思えて来て

少し目が覚めます。

 

 

「歴程」の昭和11年(1936年)3月創刊号に

「童女」は発表されました。

 

「倦怠輓歌」全5篇の一つでした。

 

ちなみにこの5篇は

「閑寂」

「お道化うた」

「童女」

「深更」

「白紙(ブランク)」

――というラインアップでした。

«中原中也生誕110年に寄せて読む詩・その40/「女給達」