カテゴリー

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 芥川賞作家・町田康の中也読み/戦士 | トップページ | 修羅街挽歌 其の二/憤怒 »

2008年10月31日 (金)

中原中也とマレーネ・ディートリッヒ<2>

中也は、吉田秀和とともに
新宿の武蔵野館で「嘆きの天使」を見ましたが、
多分、その日のうちに、
1作、歌います。

 

よく読むと
やはり、中也の詩になっています。

仲良しグループの
タメ語と愛想笑い、
そのうすら幸福顔の
底に隠れた貧困な精神

そんな奴らの言葉を気にするなんて、
そんな奴らの言葉に気をとられるなんて、
と、浮世にあわせて苦労する
マルレネよ
つまらんです。
無駄だよ、徒労だよ。

セミチックは、セム族の意でしょう。

 

昭和5年(1930)から12年(1937)頃まで使われていた
「早大ノート」にある作品です。

 

 *
 マルレネ・ディートリッヒ

 

なあに、小児病者の言ふことですよ、
そんなに美しいあなたさへ
あんな言葉を気にするなんて、
なんとも困つたものですね。

 

合言葉、二週間も口端にのぼれば、
やがて消えゆく合言葉、
精神の貧困の隠されてゐる
馬鹿者のグループでの合言葉。

 

それがあなたの美しさにまで何なのでせう!
その脚は、形よいうちにもけものをおもはせ、
あなたの祖先はセミチック、
亜米利加(アメリカ)古曲に聴入る風姿(ふぜい)、

 

ああ、そのやうに美しいあなたさへ
あんな言葉に気をとられるなんて、
浮世の苦労をなされるなんて、
私にはつまんない、なにもかもつまんない。

 

(「中原中也全詩集」角川ソフィア文庫より)

« 芥川賞作家・町田康の中也読み/戦士 | トップページ | 修羅街挽歌 其の二/憤怒 »

081さまざまな中也体験・中也像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中原中也とマレーネ・ディートリッヒ<2>:

« 芥川賞作家・町田康の中也読み/戦士 | トップページ | 修羅街挽歌 其の二/憤怒 »