カテゴリー

2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 月/ミョウガを食い過ぎた | トップページ | タバコとマントの恋/相対性理論 »

2008年10月13日 (月)

名詞の扱ひに/中也のダダ1

20080829_079

佐々木幹郎編「中原中也詩集 在りし日の歌」
(角川文庫クラシックス)は、
「未発表詩篇」の中に
ダダの詩を1篇も
採りいれていないのは、
同書が、1935~1937年の作品を
扱っているからです。

「山羊の歌」は1920~1934年を扱い、
「未発表詩篇」には
いくつかを載せていますから、
ここで少しだけ
ダダ詩を見ておきます。

中也自身は
タイトルを付けていない状態の詩で、
草稿です。
大岡昇平らにはじまる研究は
草稿作品には
便宜上( )をつけて
詩の冒頭行を、仮のタイトルにする慣例です。

詩人が、ダダについて歌っている作品。

ダダイストが「棺」といへば
何時の時代でも「棺」として通る所に
ダダの永遠性がある
だがダダイストは、永遠性を望むが故にダダ詩を書きはせぬ

この4行は、
しばしば引き合いに出され、
中也のダダ観を示す言葉として
広まっています。

 *
 (名詞の扱ひに)

名詞の扱ひに
ロヂックを忘れた象徴さ
僕の詩は

宣言と作品の関係は
有機的抽象を無機的具象との関係だ
物質名詞を印象との関係だ

ダダ、つてんだよ
木馬、つてんだ
原始人のドモリ、でも好い

歴史は材料にはなるさ
だが問題にはならぬさ
此のダダイストには

古い作品の紹介者は
古代の棺はかういふ風だつた、なんて断り書きをする
棺の形が如何に変らうと
ダダイストが「棺」といへば
何時の時代でも「棺」として通る所に
ダダの永遠性がある
だがダダイストは、永遠性を望むが故にダダ詩を書きはせぬ

如何(いか)

佐々木幹郎編「中原中也詩集 山羊の歌」
「未発表詩篇」(角川文庫クラシックス)より

« 月/ミョウガを食い過ぎた | トップページ | タバコとマントの恋/相対性理論 »

0011中原中也のダダイズム詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名詞の扱ひに/中也のダダ1:

« 月/ミョウガを食い過ぎた | トップページ | タバコとマントの恋/相対性理論 »