カテゴリー

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 元パンクの小説家・町田康の中也読み/エラン・ヴィタールの詩人<3> | トップページ | タイトル中に「夏」がある詩について<7> »

2008年11月16日 (日)

タイトル中に「夏」がある詩について<6>

タイトルに「夏」の字がある作品を
「未発表詩篇」から、
ざーっと見ています。

今回は、5篇を載せます。
「草稿詩篇」(1925年―1928年)から「夏の夜」1篇、
その他は、「ノート小年時」(1928年―1930年)から4篇です。

  *
 夏の夜

   一
暗い空に鉄橋が架かつて、
男や女がその上を通る。
その一人々々が夫々(それぞれ)の生計(なりわい)の形をみせて、
みんな黙って頷いて歩るく。

吊られてゐる赤や緑の薄汚いラムプは、
空いつぱいの鈍い風があたる。
それは心もなげに燈つてゐるのだが、
燃え尽した愛情のやうに美くしい。

泣きかゝかる幼児を抱いた母親の胸は、
掻乱(かきみだ)されてはゐるのだが、
「この子は自分が育てる子だ」とは知ってゐるやうに、

その胸やその知つてゐることや、夏の夜の人通りに似て、
はるか遥かの暗い空の中、星の運行そのまゝなのだが、
それが私の憎しみやまた愛情にかゝはるのだ……。

  二
私の心は腐つた薔薇(ばら)のやうで、
夏の夜の靄(もや)では淋しがって啜(すすりな)く、
若い士官の母指(おやゆび)の腹や、
四十女の腓腸筋(ひちようきん)を慕ふ。

それにもまして好ましいのは、
オルガンのある煉瓦の館(やかた)。
蔦蔓(つたかづら)が黝々(くろぐろ)と匐ひのぼつてゐる、
埃りがうつすり掛かつてゐる。

その時広場は汐(な)ぎ亙(わた)つてゐるし、
お濠(ほりの水はさゞ波たてゝる。
どんな馬鹿者だつてこの時は殉教者の顔付をしてゐる。

私の心はまづ人間の生活のことについて燃えるのだが、
そして私自身の仕事については一生懸命練磨するのだが、
結局私は薔薇色の蜘蛛だ、夏の夕方は紫に息づいてゐる。

 *
 夏は青い空に……

夏は青い空に、白い雲を浮ばせ、
  わが嘆きをうたふ。
わが知らぬ、とほきとほきとほき深みにて
  青空は、白い雲を呼ぶ。

わが嘆きわが悲しみよ、かうべを昴げよ。
 ——記憶も、去るにあらずや……
湧き起こる歓喜のためには
 人の情けも、小さきものとみゆるにあらずや

ああ、神様、これがすべてでございます。
 尽くすなく尽くさるるなく、
心のままにうたへる心こそ
 これがすべてでございます!

空のもと林の中に、たゆけくも
 仰ざまに眼をつむり、
白き雲、汝が胸の上を流れもゆけば、
 はてもなき平和の、汝がものとなるにあらずや。

 *
 夏の海
 
輝(かがや)く浪の美しさ
空は静かに慈しむ、
耀く浪の美しさ。
人なき海の夏の昼。

心の喘(あえ)ぎしづめとや
浪はやさしく打寄する、
古き悲しみ洗へとや
浪は金色、打寄する。

そは和やかに穏やかに
昔に聴きし声なるか、
あまりに近く響くなる
この物云はぬ風景は、

見守りつつは死にゆきし
父の眼(まなこ)とおもはるる
忘れゐたりしその眼
今しは見出で、なつかしき。

耀く浪の美しさ
空は静かに慈しむ、
耀く浪の美しさ。
人なき海の夏の昼。

(一九二九・七・一〇)

 *
 夏

血を吐くやうな 倦(もの)うさ、たゆけさ
今日の日も畑に陽は照り、麦に陽は照り
睡るがやうな悲しさに、み空をとほく
血を吐くやうな倦うさ、たゆけさ

空は燃え、畑はつづき
雲浮び、眩しく光り
今日の日も陽は炎(も)ゆる、地は睡る
血を吐くやうなせつなさに。

嵐のやうな心の歴史は
終焉つてしまつたもののやうに
そこから繰(たぐ)れる一つの緒(いとぐち)もないもののやうに
燃ゆる日の彼方(かなた)に眠る。

私は残る、亡骸(なきがら)として、
血を吐くやうなせつなさかなしさ。

(一九二九・八・二〇)

 *
 夏と私

真ッ白い嘆かひのうちに、
海を見たり。鴎(かもめ)を見たり。

高きより、風のただ中に、
思ひ出の破片の翻転するをみたり。

夏としなれば、高山に、
真ッ白い嘆きを見たり。

燃ゆる山路を、登りゆきて
頂上の風に吹かれたり。

風に吹かれつ、わが来し方に
茫然としぬ、………涙しぬ。

はてしなき、そが心
母にも、……もとより友にも明さざりき。

しかすがにのぞみのみにて、
拱(こまぬ)きて、そがのぞみに圧倒さるる。

わが身を見たり、夏としなれば、
そのやうなわが身を見たり。

(一九三〇・六・一四)

(角川文庫ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

(この稿つづく)

« 元パンクの小説家・町田康の中也読み/エラン・ヴィタールの詩人<3> | トップページ | タイトル中に「夏」がある詩について<7> »

0001はじめての中原中也」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイトル中に「夏」がある詩について<6>:

« 元パンクの小説家・町田康の中也読み/エラン・ヴィタールの詩人<3> | トップページ | タイトル中に「夏」がある詩について<7> »