« 汚れつちまつた悲しみに…/倦怠の謎 | トップページ | 中也関連新刊情報 »

2009年6月19日 (金)

汚れつちまつた悲しみに…倦怠(けだい)の謎<2>

中原中也の、
自他ともに認める会心作
「朝の歌」に、すでに、
「汚れつちまつた悲しみに……」の
「倦怠=けだい」に通じる感情が
歌われていたのですが、

「山羊の歌」の「少年時」にある
「夏」には、
よりいっそう「倦怠=けだい」に
近い感情が歌われます。

第1連冒頭行の、
血を吐くやうな倦(もの)うさ、たゆけさ

同第3行の、
睡るがやうな悲しさに、

同第4行の、
血を吐くやうな倦(もの)うさ、たゆけさ

第2連最終行の、
血を吐くやうなせつなさに。

最終連最終行の、
血を吐くやうなせつなさかなしさ。

この詩では、倦怠の「倦」を、
倦(もの)うさ、と読ませています。
そして、この、倦(もの)うさに、
たゆけさ
悲しさ
せつなさ…
を並列し、
これらに、
ほとんど、同格の、
ほとんど、同じ意味を込めているのです。

たゆけさ、せつなさ、悲しさ…は、
倦(もの)うさの、
他の表情に過ぎず、
根は同じものなのです。

この詩にはありませんが
むなしさも
この中に入っておかしくはないでしょう。

しかし、ここで
気に留めておきたいのは
悲しさです。
倦怠=けだいは、
あきらかに
悲しみの系譜に属する感情である、
という一事です。

(つづく)

 *
 夏

血を吐くやうな 倦(もの)うさ、たゆけさ
今日の日も畑に陽は照り、麦に陽は照り
睡るがやうな悲しさに、み空をとほく
血を吐くやうな倦(もの)うさ、たゆけさ

空は燃え、畑はつづき
雲浮び、眩しく光り
今日の日も陽は炎(も)ゆる、地は睡る
血を吐くやうなせつなさに。

嵐のやうな心の歴史は
終焉(をは)つてしまつたもののやうに
そこから繰(たぐ)れる一つの緒(いとぐち)もないもののやうに
燃ゆる日の彼方(かなた)に睡る。

私は残る、亡骸(なきがら)として――
血を吐くやうなせつなさかなしさ。

◇たゆけさ 緩んでしまりのない状態。だるさ。

 *
 朝の歌
          
天井に 朱(あか)きいろいで
  戸の隙を 洩れ入る光、
鄙(ひな)びたる 軍楽の憶(おも)ひ
  手にてなす なにごともなし。
 
小鳥らの うたはきこえず 
  空は今日 はなだ色らし、
倦(う)んじてし 人のこころを
  諌(いさ)めする なにものもなし。

樹脂(じゆし)の香に 朝は悩まし
  うしなひし さまざまのゆめ、
森竝は 風に鳴るかな
 
ひろごりて たひらかの空、
  土手づたひ きえてゆくかな
うつくしき さまざまの夢。

 *
 汚れつちまつた悲しみに……

汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

汚れつちまつた悲しみは
たとへば狐の革裘(かはごろも)
汚れつちまつた悲しみは
小雪のかかつてちぢこまる

汚れつちまつた悲しみは
なにのぞむなくねがふなく
汚れつちまつた悲しみは
倦怠(けだい)のうちに死を夢む

汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気(おぢけ)づき
汚れつちまつた悲しみに
なすところもなく日は暮れる……

(角川文庫クラシックス 佐々木幹郎編「中原中也詩集『山羊の歌』より」)

« 汚れつちまつた悲しみに…/倦怠の謎 | トップページ | 中也関連新刊情報 »

はじめての中原中也」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汚れつちまつた悲しみに…倦怠(けだい)の謎<2>:

« 汚れつちまつた悲しみに…/倦怠の謎 | トップページ | 中也関連新刊情報 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ