2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

« ダダのデザイン<19>玩具の賦・その7 | トップページ | ダダのデザイン<20>何無ダダ »

2009年10月16日 (金)

中也関連新刊情報

東京詩 藤村から宇多田まで

清岡智比古(著)

単行本(ソフトカバー):
436ページ
出版社:
左右社
ISBN-10: 4903500195
ISBN-13:
978-4903500195
発売日:
2009/10/20

〔内容紹介
石川啄木、与謝野晶子、金子光晴、中原中也から、
吉本隆明、谷川俊太郎、伊藤比呂美、
さらに松任谷由実、宇多田ヒカルまで。
東京を描いた56篇の詩のアンソロジー。
そして詩人の目を通した東京の変遷を解説する。

吉本隆明氏推薦
「詩人たちの東京をモチーフにした詩を
東京という都市の〈地誌〉として
作り出そうという試みである」      

(目次)

序 『新体詩抄』と藤村

Ⅰ 東京詩の出現

1 鉄道唱歌 大和田建樹
2 眠れる都 石川啄木
3 日比谷公園 岩野泡明
4 青服 清水橘村
5 暮色 三木露風
6 一握の砂 石川啄木
7 空しき日 与謝野晶子
8 再会 国木田独歩
9 夏の日のなまけもの 堀口大学
10 物理学校裏 島崎藤村
11 『赤光』/『あらたま』 斉藤茂吉
12 狂者の詩 高村光太郎
13 九段坂 与謝野晶子
14 『東京紅燈集』 吉井勇
15 第二の故郷 室生犀星
16 群衆の中を求めて歩く 萩原朔太郎
17 青猫 萩原朔太郎
18 日比谷 萩原恭次郎

Ⅱ 震災から大戦まで

19 東京哀傷詩篇(関東大震災に) 金子光晴
20 焦土の帝都 野口雨情
21 わが東京 岡本かの子
22 孤独な蛹 梶浦正之
23 橋の上の自画像 富永太郎
24 東京行進曲 西条八十
25 洒落男 坂井透
26 銀座の雨 田中冬二
27 ビルディング風景 植村諦
28 私の街よ、さらば 森山啓
29 お会式の夜 中原中也
30 帝国ホテル 中野重治
31 街の伊達男 耕治人
32 妹へおくる手紙 山之口獏
33 地下鉄 小熊秀雄

Ⅲ 戦後、そして二一世紀へ

34 昭和二十年八月十五日午後東京駅
正面降車場広場 及川均
35 消える焦土 岡本潤
36 ここは東京 三好達治
37 赤身の詩 東京の廃墟に 金子光晴
38 一九四五年秋Ⅱ 中桐雅夫
39 白痴 鮎川信夫
40 九月の風 黒田三郎
41 六月 吉野弘
42 佃渡しで 吉本隆明
43 東京環七 三木卓
44 終電車の風景 鈴木志郎康
45 中央フリーウェイ 松任谷由実
46 想い出はサンシャイン60で 山本博道
47 四ッ谷快晴 崔華国
48 神田讃歌 谷川俊太郎
49 小田急線喜多見駅周辺 伊藤比呂美
50 隣人の森へ 小長谷清美
51 水のまち 新井豊美
52 きみたちこそが与太者である 清水哲男
53 小さなアパートの階段から 木坂亮
54 SAUDI-ARABIAは遠い 川口晴美
55 東京の空 森原涼子
56 東京 NIGHTS 宇多田ヒカル

あとがきにかえて

補・「東京」の成立

« ダダのデザイン<19>玩具の賦・その7 | トップページ | ダダのデザイン<20>何無ダダ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中也関連新刊情報:

« ダダのデザイン<19>玩具の賦・その7 | トップページ | ダダのデザイン<20>何無ダダ »