カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 1931年の詩篇<1>(われ等のヂェネレーションには仕事がない)<その2> | トップページ | 1931年の詩篇<3>(秋の夜に) »

2009年12月17日 (木)

1931年の詩篇<2>(支那といふのは、吊鐘の中に這入つてゐる蛇のやうなもの)<その1>

20091118_003

「早大ノート」は、
早稲田大学の校章と
WASEDA UNIV.という文字が
印刷されたノートで、
詩人は、これを
1930年から1937年まで
使用していたことが考証されています。

このノートを
「早大ノート」と命名したのは
大岡昇平ら
角川版全集の編集陣でした。

(われ等のヂェネレーションには仕事がない)の
一つ手前には
(支那といふのは、吊鐘の中に這入つている蛇のやうなもの)、
その前には
(秋の夜に)という詩篇が並んでいますが
この3作は
1931年の同じ時期に作られたらしく、
内容とか、
作風とか、
歌いぶりとか、
未完成ゆえの自由さとか、
いくつかの
似通っている点があります。

(われ等のヂェネレーションには仕事がない)が
満州事変という時代背景を歌ったものなら
(支那といふのは、吊鐘の中に這入つている蛇のやうなもの)は、
満州事変そのものを歌ったもので、
中原中也の社会への眼差しや
政治や時代への感覚や
戦争に関する思いなどが
窺(うかが)われて
極めて興味深い作品です。

藤原定家のように
「紅旗征戎非吾事」
(こうきせいじゅうわがことにあらず)
ではなく、
プロレタリア詩人のようにでもなく、
ここには
中原中也という詩人の
戦争への「ノン」というスタンスが
明確に表現されているのですから、
こういうところにこそ
学問の目は向けられてほしいものですね。


(支那といふのは、吊鐘の中に這入つてゐる蛇のやうなもの)

支那といふのは、吊鐘の中に這入つてゐる蛇のやうなもの。
日本といふのは、竹馬に乗つた漢文句調、
いや、舌ツ足らずの英国さ。

今二ァ人(ふたり)は事変を起した。
国際聯盟(れんめい)は気拔けた義務を果たさうとしてゐる。

日本はちつとも悪くない!
吊鐘の中の蛇が悪い!

だがもし平和な時の満洲に住んだら、
つまり個人々々のつきあひの上では、
竹馬よりも吊鐘の方がよいに違ひない。

あゝ、僕は運を天に任す。
僕は外交官になぞならうとは思はない。

個人のことさへけりがつかぬのだから、
公のことなぞ御免である。

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

« 1931年の詩篇<1>(われ等のヂェネレーションには仕事がない)<その2> | トップページ | 1931年の詩篇<3>(秋の夜に) »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1931年の詩篇<1>(われ等のヂェネレーションには仕事がない)<その2> | トップページ | 1931年の詩篇<3>(秋の夜に) »