カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 1931年の詩篇<12>Tableau Triste | トップページ | 1931年の詩篇<15>(吹く風を心の友と) »

2010年1月 6日 (水)

1931年の詩篇<13、14>雨と風、風雨

20091111_030

「悲しき画面」では、
括弧にくくられた過去が、
歌われましたが、
『過去』と表記して
それが純然たる過去ではなく、
現在につながっている過去
というニュアンスを含ませたかったのでしょうか……

「雨と風」では、
純然たる過去
すなわち、思い出となった過去が
歌われます。

激しい雨の音がして
風が吹くとき
雨の音はひときわ大きくなり
風がやめば
一瞬は雨音は和やかになりはしますが……

騒がしい雨の音よ
悲しみで呆けた僕には
なんと騒がしい雨の音だことか!

悲しみ呆けした僕の
カナシミボケシタボクノ
遠い日の思い出は消え入りそうだよ
それに似て
街も家も
雨風の中にうっすらと霞んで見える

そんなふうに
霞んだ景色の中に
ちらっと一瞬浮かんでくる
僕の遠い過去の日々は
風の音に吹き消されてしまって
雨の音と
僕とが
取り残されるのさ

最終連第2行の

ちらと浮むわがありし日は

の「ありし日」は、
やがて、
詩集「在りし日の歌」というタイトルへと
連なっていく、
さまざまな過去のかたちの、
さまざまな思い出のかたちの、
一つです。

この「雨と風」は、
詩人によって、
繰り返し推敲(すいこう)され、
「風雨」という作品になりましたが、
この推敲の過程で、
二つの作品が出来上がった状態になり、

その二つの作品は、
どちらも
未完のままともいえるし、
どちらも
完成間近ともいえる、
独立した作品になりました。

 *
 雨と風

雨の音のはげしきことよ
風吹けばひとしほまさり、
風やめばつと和みつつ

雨風のさわがしき音よ
――悲しみに呆(ほう)けし我に、
雨風のさわがしき音よ!

悲しみに呆けし我の、
思ひ出はかそけきものよ
それに似て巷(ちまた)も家も
雨風にかすむでみえる

そがかすむ風情(ふぜい)の中に
ちらと浮むわがありし日は
風の音に吹きけされつつ
雨の音と、我(あ)と、残るのよ

 *
 風 雨

雨の音のはげしきことよ
風吹けばひとしほまさり
風やめば つと和みつつ

雨風のあわただしさよ、
――悲しみに呆(ほう)けし我に、
雨風のあわただし音(ね)よ

悲しみに呆けし我の
思ひ出のかそけきことよ
それににて巷(ちまた)も家も
雨風にかすみてみゆる

そがかすむ風情の中に、
ふと浮むわがありし日よ
風の音にうちまぎれつつ
ふとあざむわがありし日よ

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

« 1931年の詩篇<12>Tableau Triste | トップページ | 1931年の詩篇<15>(吹く風を心の友と) »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1931年の詩篇<13、14>雨と風、風雨:

« 1931年の詩篇<12>Tableau Triste | トップページ | 1931年の詩篇<15>(吹く風を心の友と) »