カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 未発表詩篇について<2>草稿詩篇1933―1936 | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<2>小唄 »

2010年4月24日 (土)

草稿詩篇1933―1936<1>(あゝわれは おぼれたるかな)

(あゝわれは おぼれたるかな)は
未定稿ですから
タイトルも仮のもので
連の構成も未完成と推定されていて
2連の詩として表記されることになっています
(角川版全集編集委員会)

いずれは
4-4-3-3のソネットへ
作り上げられる予定であったことが推定されるものの
断言はできず
2連の詩と見做されているのです

この詩は
「朝の歌」の第3次形態が記された
原稿用紙の裏に
鉛筆で書かれているということですから
俄(にわ)かに
第一詩集「山羊の歌」に占める
「朝の歌」という作品、
いや、
中原中也という詩人の詩業に占める
「朝の歌」という作品の大きさに思い致し
その草稿の裏に書かれ詩なのだ
ということに
襟をたださずにはいられません

襟をたださなくとも
おやっと、目を向けざるを得ません

「朝の歌」は
第3次形態に
わずかの修正を加えただけで
印刷用の草稿に書き直され
「山羊の歌」に収録されました(第4次形態)

その、第3次形態の「朝の歌」」が書かれた
原稿用紙の裏に
(あゝわれは おぼれたるかな)は書かれた

ということは
「朝の歌」にてほゞ方針立つ。方針は立つたが、たつた十四行書くために、こんな手数がかかるのではとガツカリす」(詩的履歴書)

と後に、詩人が回想した
「詩を作る苦闘」の
陽の目を見た「朝の歌」と
陽の目を見なかった(あゝわれは おぼれたるかな)
というとらえ方ができるという意味で
興味深いのです

(あゝわれは おぼれたるかな)は
14行の詩、ソネットへの途中で
詩人がいったん放棄した詩ということになります

「朝の歌」は自他ともに認める作品になりましたが
その陰に
陽の目を見なかった
(あゝわれは おぼれたるかな)という作品があります

陽の目を見なかった作品が
このように
未発表詩篇には
犇(ひしめ)いています

 *
 (あゝわれは おぼれたるかな)

あゝわれは おぼれたるかな
  物音は しづみゆきて
燈火(ともしび)は いよ明るくて
あゝわれは おぼれたるかな

母上よ 涙ぬぐひてよ
  朝(あした)には 生みのなやみに
けなげなる小馬の鼻翼
紫の雲の色して
たからかに希(ねが)ひはすれど
たからかに希ひはすれど
轣轆(れきろく)と轎(くるま)ねりきて
――――――――――――
澄みにける羊は瞳
瞼(まぶた)もて暗きにゐるよ
  ――――――――――――

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

« 未発表詩篇について<2>草稿詩篇1933―1936 | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<2>小唄 »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草稿詩篇1933―1936<1>(あゝわれは おぼれたるかな):

« 未発表詩篇について<2>草稿詩篇1933―1936 | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<2>小唄 »