カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 千葉寺雑記の詩篇<4>雨が降るぞえ―病棟挽歌 | トップページ | 未発表詩篇について<2>草稿詩篇1933―1936 »

2010年4月21日 (水)

未発表詩篇について

20091012_021

「早大ノート」
「草稿詩篇(1931―1932年)」
「療養日誌・千葉寺雑記」を
読み終えたところで、
「未発表詩篇」について
整理しておきましょう

中原中也の詩作品は、
なんらかの形で公開されたり
作品として発表されたりしたもののうち、
詩人自らが編集した
「山羊の歌」(第一詩集)
「在りし日の歌」(第二詩集)のほかに
雑誌や新聞などに発表した作品が
「生前発表詩篇」として収集されています

以上の分類に属さない作品が
「未発表詩篇」に集められて
まず作品が記録されたノート別に
次に作品が記録された草稿の制作年代別に
整理・分類されています

角川書店が
2010年現在までに編んだ
計3次にわたる「中原中也全集」の成果として
この分類・整理がスタンダードになり
いたるところで踏襲されています

「未発表詩篇」に分類された
ノート別、草稿別の作品群は、

「ダダ手帖」(1923年―1924年)●2
「ノート1924年」(1924年―1928年)●51
「草稿詩篇」(1925年―1928年)●20
「ノート小年時」(1928年―1930年)●16
「早大ノート」(1930年―1937年)●42
「草稿詩篇」(1931年―1932年)●13
「ノート翻訳詩」(1933年)●9
「草稿詩篇」(1933年―1936年)●65
「療養日誌・千葉寺雑記」(1937年)●5
「草稿詩篇」(1937年)●6

となります

●の後の数字は作品の数です
合計で229作品あります
このうちのいくつかは
推敲課程での別形態であったり
発表作品の初期形態だったりしますから
およそ200作品とみることができます

 

« 千葉寺雑記の詩篇<4>雨が降るぞえ―病棟挽歌 | トップページ | 未発表詩篇について<2>草稿詩篇1933―1936 »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未発表詩篇について:

« 千葉寺雑記の詩篇<4>雨が降るぞえ―病棟挽歌 | トップページ | 未発表詩篇について<2>草稿詩篇1933―1936 »