カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 草稿詩篇1933―1936<33>(お天気の日の海の沖では) | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<35>「星とピエロ」補 »

2010年5月26日 (水)

草稿詩篇1933―1936<34>「野卑時代」

「野卑時代」も
(海は、お天気の日には)と
(お天気の日の海の沖では)と
同じ日に制作されましたから
東京での作品でしょうか
タイトルのついた完成作です

モチーフは
海から星へと変りますが
海を歌って
海の美しさを賛美しただけではなかったように
星を歌って
単なる自然詠に終わらないことは
言うまでもありません

星を見て
綺麗と言うのはウソ
星を見て
人はガッカリするのさ
なぜなら
星を見て
自分のちっぽけなことを知るばかりなのだから

星を見て
愉快になる人は
いまどき滅多にいはしない
星を見て
愉快な人は
孤独な人だろう

そうなのさ、
混迷し、卑怯に野卑になっているのは
人々が多忙のせいであり
そのことを文明開化と人は呼ぶけど
野蛮開発と僕なら呼ぼう

もちろん、これも一つの過程のことであって
なにが出てくるかは分かりはしないが
星を見て
しかめっ面して
僕だってこの頃生きているのさ

星を見て
なにやら
文明開化の風潮へ
時勢批判の一つ
言ってみたくなった詩人

そりゃ
野蛮開発っていうもんだ
とはいうものの
星を見て
しかめっ面せざるをえなくて
元気がありません

「野卑時代」のタイトルにしては
いまいち
奥歯にモノのはさまって
あいまいな言葉使いの詩になりました

 *
 野卑時代

星は綺麗と、誰でも云ふが、
それは大概、ウソでせう
星を見る時、人はガツカリ
自分の卑少を、思ひ出すのだ

星を見る時、愉快な人は
今時減多に、ゐるものでなく
星を見る時、愉快な人は
今時、孤独であるかもしれぬ

それよ、混迷、卑怯に野卑に
人々多忙のせゐにてあれば
文明開化と人云ふけれど
野蛮開発と僕は呼びます

勿論(もちろん)、これも一つの過程
何が出てくるかはしれないが
星を見る時、しかめつらして
僕も此の頃、生きてるのです
       (一九三四・一一・二九)

  (角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

« 草稿詩篇1933―1936<33>(お天気の日の海の沖では) | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<35>「星とピエロ」補 »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草稿詩篇1933―1936<34>「野卑時代」:

« 草稿詩篇1933―1936<33>(お天気の日の海の沖では) | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<35>「星とピエロ」補 »