カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 草稿詩篇1933―1936<14>燃える血 | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<16>童謡 »

2010年5月 1日 (土)

草稿詩篇1933―1936<15>夏の記臆

777_11

副題に
「別府」とあったが
消されて
「夏の記臆」のタイトルだけが残った作品。

ですから
冒頭の「温泉町」は
別府のことらしいのですが
この詩の制作当時(1933年8月21日前後)に
詩人が別府に行った形跡はありません

あるいは
お忍びで
別府へ遊んだことがあったのでしょうか
それとも
遠い日の思い出なのでしょうか

タイトルの「夏の記臆」からすれば
近い過去とも
遠い過去とも取れますが
同日制作の
「夏過(あ)けて、友よ、秋とはなりました」
「燃える血」の流れから
近過去、遠過去と続けて
こんどは、どちらにも取れる時間を
作り出したのかもしれません

作り出すといっても
フィクションにする意図を
詩人は好みませんから
実体験に基づいているはずで
ならば
やはり、別府へ最近行き
その経験を
副題から抹殺して
歌ったとするのが
自然でしょうか

温泉のある、ほの暗い町を
僕は歩いていた、ひどくうつむいて。
三味線の音や、女たちの声や、
回り灯籠が目に焼きついている

そこは、すぐそばに海もあるので
夏中の賑わいは大変なものだったよ
ピストルを拭いた襤褸(ぼろ)切れがあるだろ
あれみたいに十分役に立ってくれたという親しみみたいな
汚れたシャツの襟元に吹く
風の印象があった

闇の夜に、海辺に出て
重油のような思いを抱えていた
デブの、船頭の女房が、カナブンのような声でしゃべっていた
最初の晩は、町中を歩いて、
歯ブラシを買って
宿に帰ったよ
その日は
暗い電気の灯りの下で寝たさ

 *
 夏の記臆

温泉町のほの暗い町を、
僕は歩いてゐた、ひどく俯(うつむ)いて。
三味線の音や、女達の声や、
走馬燈(まはりどうろ)が目に残つてゐる。

其処(そこ)は直ぐそばに海もあるので、
夏の賑ひは甚(はなは)だしいものだつた。
銃器を掃除したボロギレの親しさを、
汚れた襟(えり)に吹く、風の印象を受けた。

闇の夜は、海辺(ばた)に出て、重油のやうな思ひをしてゐた。
太つちよの、船頭の女房は、かねぶんのやうな声をしてゐた。
最初の晩は町中歩いて、歯ブラッシを買つて、
宿に帰った。――暗い電気の下で寝た。
       (一九三三・八・二一)

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

« 草稿詩篇1933―1936<14>燃える血 | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<16>童謡 »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草稿詩篇1933―1936<15>夏の記臆:

« 草稿詩篇1933―1936<14>燃える血 | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<16>童謡 »