カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 草稿詩篇1933―1936<17>京浜街道にて | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<19>(小川が青く光つてゐるのは) »

2010年5月 1日 (土)

草稿詩篇1933―1936<18>いちぢくの葉(夏の午前よ、いちぢくの葉よ)

1933年10月8日制作の
「いちぢくの葉」を読むとき、
ただちに、
同じタイトルで
1930年秋に書かれた作品を
思い出します

こちらは
夕方のいちぢくの葉でしたが
こんどは
朝のいちぢくの葉です

夕方のいちぢくの葉を歌って
第1連
美しい、前歯一本欠け落ちた
をみなのやうに、姿勢よく
ゆうべの空に立ちつくす

という、表現の
大胆さ、新しさ、ユニークさに
衝撃を受けたのですが
こんどの、この、
朝のいちぢくの葉にも
見事と言ってよいフレーズを見つけて
感激します

それは
第3連
葉は葉で揺れ、枝としても揺れてゐる
です

いちぢくが
葉は葉で揺れているのですが、
全体が、木としても揺れている
という
いちぢくの木立への
繊細な観察眼!

第1連の
葉は、乾いてゐる、ねむげな色をして
も、ピタリと
いちぢくという植物を
中也流に捉え
デリケートかつナイーブです

こういうことを
まずはじめに感じさせる詩ですが
この詩がたどりついた
詩作品としての豊かさについては
ほかにも
多くのことが言えそうです

言えそうですが
一言では言えない
不思議な世界があり
それは何かと考えていくと
一つだけ
思い当たること

それは
いちぢくという植物がまずあり
風にそれが揺れていて
電線もうなっていて
太陽は雲の陰にかくれ
その上
蝉がしきりに鳴いている

この、役者ぞろいの
風景!

それが
調和している世界
ハモッている世界
混沌としながら
コスモスを創り出している世界
……

その上になお
最終行
懐しきものみな去ると。
という決定打!

現前する空間に
時間軸が
突き刺さってきても
びくともしない……

未発表詩篇の中の
名作の一つですね

なお
最終連
空はしづかに音く、
の「音く」は
詩人の誤記とみられますが

青く
暗く
沓く

など
いくつかの正解が考えられるため
「音く」のまま表記するのが
習慣になっています

 *
 いちぢくの葉(夏の午前よ、いちぢくの葉よ)

夏の午前よ、いちぢくの葉よ、
葉は、乾いてゐる、ねむげな色をして
風が吹くと揺れてゐる、
よわい枝をもつてゐる……

僕は睡らうか(ねむらうか)……
電線は空を走る
その電線からのやうに遠く蝉は鳴いてゐる

葉は乾いてゐる、
風が吹いてくると揺れてゐる
葉は葉で揺れ、枝としても揺れてゐる

僕は睡らうか……
空はしづかに音く、
陽は雲の中に這入(はい)つてゐる、
電線は打つづいてゐる
蝉の声は遠くでしてゐる
懐しきものみな去ると。
                  (一九三三・一〇・八)

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

« 草稿詩篇1933―1936<17>京浜街道にて | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<19>(小川が青く光つてゐるのは) »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 草稿詩篇1933―1936<17>京浜街道にて | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<19>(小川が青く光つてゐるのは) »