カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 草稿詩篇1933―1936<25>朝(雀の声が鳴きました) | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<27>詠嘆調 »

2010年5月15日 (土)

草稿詩篇1933―1936<26>狂気の手紙・再読

「狂気の手紙」は
2009年8月27日に
一度読みました

「昏睡」
「夜明け」
「朝(雀の声が鳴きました)」の3篇と
同じ1934年4月22日に制作された、
ということを知って
もう一度読むと
新たなことが見えても来ます

この詩だけに
単独で向き合えば
なんだか
深刻な狂気の世界に導かれますが
4篇の作品を並べて読むと
それぞれの作品が
明確な意識の元に
コントロールされ
詩=表現の意志に貫かれていることが
あらためて
理解できます

それぞれの詩が
相対化されるわけですが
「狂気の手紙」は
よく読むと
論理的ですらあることがわかります

それは
考えてみれば
当たり前のことなのですが

詩は
多かれ少なかれ
言葉で作る建造物のようなものでもありますから
「論理」がなくては
建ってもいられませんから
建っているためには
「論理」を構築しなければなりませんし

ぎすぎすした「論理」を
あばら骨が見えるようには
見せたくないのであれば
「論理」を見せない詩法を、
実はこれも「論理」の一つですが
編み出さなければなりませんから

どっちを取るにしても
「論理」に基づきますし
どちらも取るという詩法もあるかもしれませんが
どちらも取らないという詩法を編み出すには
新たな「論理」が要るに違いありませんから
ここでまた「論理」を求めることになります

こんなことを
くどくどくどくど
書いているのも
お葱や塩や
キンポーゲや
タンポポや煙の族や
メリーゴーランドや……

これらの詩のパーツ
詩を形づくっている一つひとつの言葉が
ちっとも
論理的ではなく
その場その場の思いつきで
とりとめもなく
非論理的で感覚的に
使われているようでありながら
詩そのものが論理的である
とはどういうことかと
「狂気の手紙」のパーツを追いかけているうちに
こちらが論理的な姿勢になっていることに
気づかされるからです

キンポーゲといえば
金鳳花と書き
「アルカロイドを含み有毒植物が多い」(ウィキペディア)と記される
キンポウゲ科の植物のことで
仲間に
トリカブト
オダマキ
フクジュソウ
クリスマスローズ
イチリンソウ
アネモネ
レンゲショウマ
……
とあるのを見れば
ピンと来る人も多いに違いない
一連のグループの花であり
キンポウゲは
「科」の名になっているほど
このグループの代表なのです

此度(こたび)は気がフーッと致し

キンポーゲとこそ相成候(あいなりそうろう)


に、詩人が込めた意味は明瞭で
気持ちがフーッとなって
キンポウゲでも食べたみたいに
おかしな気分になっちゃいまして

ま、野原の香り草に春の空の気分てなもんで
なんの理由があるわけではありません
タンポポや、煙のヤカラと同じことになっちゃっただけのことで
そこんところを
一筆書いてお知らせしておこうと思いましただけで。

タンポポは
根を煎じて、コーヒーのようにして飲んだりもしますし
野生するハーブの一つでもありますし
その流れで
煙の族とは
煙草のように煙を吸引すると
フラフラっとすることが知られている
薬草や大麻の類かもしれませんし
そうでなくとも
煙草そのものと考えてもよいでしょう
最終連には
羅宇(ラウ)換へのことが出てきますし

羅宇(ラウ)換へ、とは
キセル(煙管)の
きざみタバコを詰める火皿と吸い口とをつなぐ
竹で作られた部分のことで
キセルは使うたびに
ヤニで汚れるので
しょっちゅう手入れが必要で
火皿や吸い口の部分は
布切れなどで掃除すればよいのですが
羅宇(ラウ)の部分は
時々、取り替えなければならないのです

この、
羅宇(ラウ)換へや紙芝居のことなぞ
というのは、
日常生活上のこまごまとした
趣味趣向・たしなみ・好物・遊びなどの
一部始終のことで

お葱や塩のこと
地球のこと、メリーゴーランドのこと
お鉢のこと、火箸のこと
……も

日々の暮らしの食べ物のことから
物見遊山から地球のことまで
なんでもかんでも
一切合財を
お話してさしあげましょう

ということを
表現しようとしているだけで
裏返せば
いろいろと
話したいことが溜まっちゃったから
会ってぜひとも話したい
と訴えている詩なのかもしれません

早速参上、羅宇(ラウ)換へや紙芝居のことなぞ

詳しく御話し申上候


が、会って話したい、
と言っていることは明白ですね

 *
 狂気の手紙

袖の振合い他生の縁
僕事、気違ひには御座候(ござさうら)へども
格別害も致し申さず候間
切角(せっかく)御一興とは思召され候て
何卒(なにとぞ) 気の違つた所なぞ
御高覧の程伏而懇願仕候(ふしてこんがんつかまつりそうろう)

陳述(のぶれば) 此度(こたび)は気がフーッと致し
キンポーゲとこそ相成候(あいなりそうろう)
野辺の草穂と春の空
何仔細あるわけにも無之(これなく)処
タンポポや、煙の族とは相成候間
一筆御知らせ申上候

猶(なお)、また近日日陰なぞ見申し候節は
早速参上、羅宇(ラウ)換へや紙芝居のことなぞ
詳しく御話し申上候
お葱(ねぎ)や塩のことにても相当お話し申上候
否、地球のことにてもメリーゴーランドのことにても
お鉢のことにても火箸のことにても何にしても御話申上可(もうしあぐべく)候怱々(そうそう)
                 (一九三四・四・二二)

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

« 草稿詩篇1933―1936<25>朝(雀の声が鳴きました) | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<27>詠嘆調 »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草稿詩篇1933―1936<26>狂気の手紙・再読:

« 草稿詩篇1933―1936<25>朝(雀の声が鳴きました) | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<27>詠嘆調 »