カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 草稿詩篇1933―1936<54> (秋が来た) | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<55-2>曇った秋・続 »

2010年7月17日 (土)

草稿詩篇1933―1936<55>曇つた秋

「曇った秋」の中の「君」について
大岡昇平は

中原からこのように親密に「君」とよびかけられる人間は、小林のほかにいない。

と記します

第1節第1連冒頭行をはじめ
同第3連冒頭行
第3節第1連冒頭行のほか
リフレイン連にも
「君」は登場し
「僕」の心に突き刺さる言葉を吐いては
回想の中に現れます

「君」が小林秀雄であることを
知っていればいるほど
この詩は
なまめかしく
生々しく
肉体をもって生きはじめることになるのですが

知らなければ知らないなりに
「君」と「僕」とは
君がいて僕がいて
僕がいて君がいる
ある種の透明で対等な関係の
僕と君として読むこともできます

大岡昇平は
中原中也の親友の一人ですし
同時代を生きた文学仲間でありますし
中原中也評伝を通じて
評伝文学というものを確立した文学者でありますから
一般の人や
後世の人が
知りようにもないことを知らしめる
義務のような
使命のようなものがあって
当然でしょうし

この詩を「私小説」のように読み得る
ポジションにありましたから
そこから発信される話題は
すべてが第一次情報であり
当事者情報であり
信頼できる重要な価値を
持ち続けていることは
だれでもが知っていることです

その大岡が
「君」を小林秀雄と断定しているのです
(新・旧全集「日記・書簡」解説)

そうすると
詩の冒頭連

或る日君は僕を見て嗤(わら)ふだらう、
あんまり蒼い顔してゐるとて、
十一月の風に吹かれてゐる、無花果(いちじく)の葉かなんかのやうだ、
棄てられた犬のやうだとて。

は、1925年(大正14年)3月に
詩人と連れ立って上京し
同棲していた長谷川泰子が
11月のある日、
小林秀雄の暮らす家へと
去った事件のことであることがわかります

それから10年
詩人がこのことを忘れたことはなく
泰子を歌った詩も
たくさん作りましたし
正面から歌わなくとも
詩の一節に登場させることもしばしばありました

「曇つた秋」は
「君」が小林秀雄のことであるなら
泰子のことをも同時に歌い
「僕」も登場する
「奇妙な三角関係」(小林秀雄)の
1935年における
再現ということになります

 *
 曇つた秋

     1

或る日君は僕を見て嗤(わら)ふだらう、
あんまり蒼い顔してゐるとて、
十一月の風に吹かれてゐる、無花果(いちじく)の葉かなんかのやうだ、
棄てられた犬のやうだとて。

まことにそれはそのやうであり、
犬よりもみじめであるかも知れぬのであり
僕自身時折はそのやうに思つて
僕自身悲しんだことかも知れない

それなのに君はまた思ひ出すだらう
僕のゐない時、僕のもう地上にゐない日に、
あいつあの時あの道のあの箇所で
蒼い顔して、無花果の葉のやうに風に吹かれて、――冷たい午後だつた――

しよんぼりとして、犬のやうに捨てられてゐたと。

     2

猫が鳴いてゐた、みんなが寝静まると、
隣りの空地で、そこの暗がりで、
まことに緊密でゆつたりと細い声で、
ゆつたりと細い声で闇の中で鳴いてゐた。

あのやうにゆつたりと今宵一夜(ひとよ)を
鳴いて明(あか)さうといふのであれば
さぞや緊密な心を抱いて
猫は生存してゐるのであらう……

あのやうに悲しげに憧れに充ちて
今宵ああして鳴いてゐるのであれば
なんだか私の生きてゐるといふことも
まんざら無意味ではなささうに思へる……

猫は空地の雑草の陰で、
多分は石ころを足に感じ、
霧の降る夜を鳴いてゐた――

     3

君のそのパイプの、
汚れ方だの燋(こ)げ方だの、
僕はいやほどよく知つてるが、
気味の悪い程鮮明に、僕はそいつを知つてるのだが……

  今宵ランプはポトホト燻(かゞ)り
  君と僕との影は床(ゆか)に
  或ひは壁にぼんやりと落ち、
  遠い電車の音は聞こえる

君のそのパイプの、
汚れ方だの焦げ方だの、
僕は実によく知つてるが、
それが永劫(えいごう)の時間の中では、どういふことになるのかねえ?――

  今宵私の命はかゞり
  君と僕との命はかゞり、
  僕等の命も煙草のやうに
  どんどん燃えてゆくとしきや思へない

まことに印象の鮮明といふこと
我等の記臆、謂(い)はば我々の命の足跡が
あんまりまざまざとしてゐるといふことは
いつたいどういふことなのであらうか

    今宵ランプはポトホト燻り、
    君と僕との影は床に
    或ひは壁にぼんやりと落ち、
    遠い電車の音は聞こえる

どうにも方途がつかない時は
諦めることが男々しいことになる
ところで方途が絶対につかないと
思はれることは、まづ皆無

    そこで命はポトホトかゞり
    君と僕との命はかゞり
    僕等の命も煙草のやうに
    どんどん燃えるとしきや思へない

コホロギガ、ナイテ、ヰマス
シウシン ラツパガ、ナツテ、ヰマス
デンシヤハ、マダマダ、ウゴイテ、ヰマス
クサキモ、ネムル、ウシミツドキデス
イイエ、マダデス、ウシミツドキハ
コレカラ、ニジカン、タツテカラデス
ソレデハ、ボーヤハ、マダオキテヰテイイデスカ
イイエ、ボーヤハ、ハヤクネルノデス
ネテカラ、ソレカラ、オキテモイイデスカ
アサガキタナラ、オキテイイノデス
アサハ、ドーシテ、コサセルノデスカ
アサハ、アサノホーデ、ヤツテキマス
ドコカラ、ドーシテ、ヤツテクル、ノデスカ
オカホヲ、アラツテ、デテクル、ノデス
ソレハ、アシタノ、コトデスカ
ソレガ、アシタノ、アサノ、コトデス
イマハ、コホロギ、ナイテ、ヰマスネ
ソレカラ、ラツパモ、ナツテ、ヰマスネ
デンシヤハ、マダマダ、ウゴイテ、ヰマス
ウシミツドキデハ、マダナイデスネ
               ヲハリ
         (一九三五・一〇・五)

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

« 草稿詩篇1933―1936<54> (秋が来た) | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<55-2>曇った秋・続 »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草稿詩篇1933―1936<55>曇つた秋:

« 草稿詩篇1933―1936<54> (秋が来た) | トップページ | 草稿詩篇1933―1936<55-2>曇った秋・続 »