カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ノート小年時(1928―1930) <12>消えし希望 | トップページ | ノート小年時(1928―1930) <14>夏 »

2010年9月23日 (木)

ノート小年時(1928―1930) <13>追懷

さうしてあなたは私を別れた、
あの日に、おお、あの日に!

曇つて風ある日だつたその日は。その日以来、
もはやあなたは私のものではないのでした。

「追懐」は
第5連、第6連で
長谷川泰子が
小林秀雄のもとへと去った日を
まず、あの日、
次に、その日、と歌い
もはや過去のことながら

あなたが今頃笑つてゐるかどうか、

などと思い出してしまう
私=詩人の現在を歌います

もちろん詩に
個人名は現れません
あなたが泰子で
人が小林で
私(わたし)が中原中也であることは
だれもが想像できることですが
内容がリアル過ぎたためか
作品は当時
発表されませんでした

現在このようにして
この詩が読めるということが
著作権とか
時効であるとか
公人であることからとか
法律方面から説明されるようですが
実際は
角川版新旧全集に「未発表詩篇」が
編集されたからにほかなりません

個人情報とか
プライバシーとか
というよりも
文学作品としての価値が認められ
いはば公共財として
だれにも読める状態になりました

中原中也=長谷川泰子=小林秀雄の三角関係は
稀有(けう)のようでありながら
ありふれたことでもあり
その意味で
三角関係の一つの原型を提示していますから
多くの人がこぞって
その物語を紐解こうともするのです

昭和4年(1929年)7月14日の制作
ということは
あの日、大正14年(1925年)11月から
3年8か月が経過しています

この頃
詩人と小林は絶交状態にあり
泰子と詩人は京都に旅行する関係にありました
小林が泰子と別れたのは
昭和3年(1928年)5月のことです

この頃詩人は
同人誌とはいえ自らの裁量がきく「白痴群」に
泰子を歌った恋愛詩
「詩友に」(創刊号、後の「無題」第3節)
「盲目の秋」(第6号)
「時こそ今は……」(同)
などを
次々に発表するのです

 *
 追懷

あなたは私を愛し、
私はあなたを愛した。

あなたはしつかりしてをり、
わたしは真面目であつた。――

人にはそれが、嫉(ねた)ましかつたのです、多分、
そしてそれを、偸(ぬす)まうとかゝつたのだ。

嫉み羨(うらや)みから出発したくどきに、あなたは乗つたのでした、
――何故でせう?――何かの拍子……

さうしてあなたは私を別れた、
あの日に、おお、あの日に!

曇つて風ある日だつたその日は。その日以来、
もはやあなたは私のものではないのでした。

私は此処(ここ)にゐます、黄色い灯影に、
あなたが今頃笑つてゐるかどうか、――いや、ともすればそんなこと、想つてゐたりするのです
       (一九二九・七・一四)

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

Senpuki04
にほんブログ村:「詩集・句集」人気ランキングページへ
(↑ランキング参加中。ポチっとしてくれたらうれしいです。)

 

« ノート小年時(1928―1930) <12>消えし希望 | トップページ | ノート小年時(1928―1930) <14>夏 »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノート小年時(1928―1930) <13>追懷:

« ノート小年時(1928―1930) <12>消えし希望 | トップページ | ノート小年時(1928―1930) <14>夏 »