カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ノート翻訳詩1933年<2>(土を見るがいい) | トップページ | ノート翻訳詩1933年<4> 小景 »

2010年9月30日 (木)

ノート翻訳詩1933年<3> (卓子に、俯いてする夢想にも倦きると)

(卓子に、俯いてする夢想にも倦きると)は
(僕の夢は破れて、其処に血を流した)と
(土を見るがいい)の2篇とともに
連続して作られたことが分かっている作品で
昭和8年(1933年)5―8月制作と推定されています

2字下げとか
同一漢字の繰り返しとか
詩の視覚的な形へのこだわりなど
ダダを思わせる手法が現れて
若き日の詩人を
思い出させる作品です

むろん
ダダそのものへ回帰したとはいえませんが
時折このように
ダダは顔をもたげ
詩に豊な表情を与えます

「逐(お)ひやらる、小さな雲」に
詩人が投影されている
と読んで
間違いはないでしょう

ああでもない
こうでもない、と
希望に満ちたばかりでもない
夢想に耽る深夜
くたびれて窓を開けると
東京の空にも
星がまたたき
星の向こうには
漆黒の蒼穹が張りつき
風が雲を追いやっています

しばらくして
窓を閉めても
詩人の脳裏には
星がまたたく漆黒の空が
残ります

その星の空? 否、否、否、
否 否 否 否 否 否 否 否 否否否否否否否否

は、その星の空が
冷たく光るだけの
無機質な「否定」としか映らない
詩人のこの日の気持ちを
明らかにし
詩人を
受け入れるものではありません

星の空は
言葉を持ちません
言葉を話しません

 *
 (卓子に、俯いてする夢想にも倦きると)

卓子(テーブル)に、俯(うつむ)いてする夢想にも倦(あ)きると、
僕は窓を開けて僕はみるのだ

  星とその、背後の空と、
  石盤の、冷たさに似て、
  吹く風と、逐(お)ひやらる、小さな雲と

窓を閉めれば星の空、その星の空
その星の空? 否、否、否、
否 否 否 否 否 否 否 否 否否否否否否否否

《星は、何を、話したがつてゐたのだらう?》
《星はなんにも語らうとしてはゐない。》

《では、あれは、何を語らうとしてゐたのだらう?》
《なんにも、語らうと、してはゐない。》

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)
※原作の二重パーレンは《 》で代用しています。(編者)

Senpuki04
にほんブログ村:「詩集・句集」人気ランキングページへ
(↑ランキング参加中。ポチっとしてくれたらうれしいです。)

 

« ノート翻訳詩1933年<2>(土を見るがいい) | トップページ | ノート翻訳詩1933年<4> 小景 »

041中原中也/未発表詩篇のすべて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ノート翻訳詩1933年<2>(土を見るがいい) | トップページ | ノート翻訳詩1933年<4> 小景 »