« 生前発表詩篇を読む続編   <3>我が祈り・小林秀雄に | トップページ | 生前発表詩篇を読む続編   <5>或る女の子 »

2010年10月14日 (木)

生前発表詩篇を読む続編   <4>夜更け

「夜更け」は
「白痴群」第6号への発表作品
昭和5年(1930年)1―2月制作(推定)です

「白痴群」第6号は
最終号となったもので
全64ページのうちの38ページを
中原中也の作品が占めました

「落穂集」のタイトルで
「盲目の秋」
「更くる夜」
「わが喫煙」
「汚れつちまつた悲しみに……」
「妹よ」
「つみびとの歌」
「無題」
「失せし希望」の8篇

「生ひ立ちの歌」のタイトルで
「生ひ立ちの歌」
「夜更け」
「雪の宵」
「或る女の子」
「時こそ今は……」の5篇

このほかに
評論「詩に関する話」を
掲載しました

これらの詩篇のほとんどは
やがて第一詩集「山羊の歌」に収録されますが
この「夜更け」と
「或る女の子」の2篇だけは
収録されませんでした

それにしても
詩人の名を高からしめた
名作の数々が
「白痴群」最終号に
惜しげもなく投入された観があります

「夜更け」が制作された
昭和5年(1930年)1―2月に
詩人は中高井戸に住んでいましたから
チャルメラの音が聞えてくる丘は
現在の杉並区近辺のどこかのことでしょうか
夜遅くにも通っている電車とは
現在の中央線のことでしょうか
どことなく
武蔵野の面影が
行間から漂い出ています

詩人は
銀座あたりの酒場で飲んで
省線を新宿経由で帰り
西荻窪駅で下車して南方面へ
家路をたどった冬の遅い夜に
屋台のラーメンを食べたことがあったのでしょうか

ラーメンの汁を啜りながら
思いがけず浮んできた
亡き父の顔は
悲しみに歪んで……

 *
 夜更け

夜が更けて帰つてくると、
丘の方でチャルメラの音が……

         夜が更けて帰つて来ても、
         電車はまだある。

……かくて私はこの冬も
夜毎を飲むで更かすならひか……

         かうした性(さが)を悲しむだ
         父こそ今は世になくて、

夜が更けて帰つて来ると、
丘の方でチャルメラの音が……

         電車はまだある、
         夜は更ける……

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

Senpuki04
にほんブログ村:「詩集・句集」人気ランキングページへ
(↑ランキング参加中。ポチっとしてくれたらうれしいです。)

 

« 生前発表詩篇を読む続編   <3>我が祈り・小林秀雄に | トップページ | 生前発表詩篇を読む続編   <5>或る女の子 »

中原中也/生前発表詩篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生前発表詩篇を読む続編   <4>夜更け:

« 生前発表詩篇を読む続編   <3>我が祈り・小林秀雄に | トップページ | 生前発表詩篇を読む続編   <5>或る女の子 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ