« 生前発表詩篇を読む続編   <33>雨の朝 | トップページ | 生前発表詩篇を読む続編   <35>渓流 »

2010年11月28日 (日)

生前発表詩篇を読む続編   <34>子守唄よ

「子守唄よ」は
「新女苑」の昭和12年7月増大号に発表された作品
同号は同年7月1日付けの発行です
制作(推定)は同年(1937年)5月中旬

同じころ
「四季」7月号に
「蛙声」を発表しています

「子守唄よ」は
自選詩集「在りし日の歌」の
最終部に置かれた「蛙声」と
同じころに制作された作品ということになります

「新女苑」は
若い女性をターゲットにした雑誌で
中原中也は
すでに昭和12年2月号に
「月夜の浜辺」を発表しています

この雑誌への発表を仲立ちしたのが
小林秀雄か河上徹太郎であろうと推定されています

「月夜の浜辺」は
「在りし日の歌」にも収録され
「月夜の晩に、ボタンが一つ
波打ち際に、落ちてゐた。」の
歌いだしが馴染みやすいためか
広く一般に知られるようになるのですが
「新女苑」の読者向けに作られたことが
ありありと伝わってきますし
この「子守唄よ」も
女性の読者が意識されたことは明らかです

中原中也の詩が
女性ファンに多く支持されるのは
この詩のように
女性の心へ向けられた内容を持つ作品が
随所に散りばめられているからだと
あらためて気づかされる作品ですが……

「子守唄よ」は
母親が
声を限りに
一晩中歌う
子守唄の行方に
「?」を投げかけ

暗い
船もいる
夜の海を越えて行くのだろうけれど
いったい
だれがそれを聴き届けるのか
だれかがいるにはいるのだろうけれど
途中で消えてしまわないだろうか
波が荒くはなくとも
風はひどくなくとも
途中で消えてしまわないだろうか

きょうも
母親は
一晩中
声を限りに
子守唄を
唄っている

淋しい世の中で
それを聴くのは誰でしょう

ああ、
ぼくの
あの子は
もう
この世にいないのに
だれが
母親の
子守唄を
聴くのでしょうか
……

詩人は
母親に成り変って
子守唄を歌うのです

その歌が
夜の海を
渡っていく間に
途中で
消えてなくなりはしないかと
心配しながら
今日も
眠れ眠れと
静かに
歌うのです

子守唄よ、と
子守唄に呼びかけるのは
そのためです

詩人が歌う
歌=詩への思いを
込めているのです

 *
 子守唄よ

母親はひと晩ぢう、子守唄をうたふ
母親はひと晩ぢう、子守唄をうたふ
然しその声は、どうなるのだらう?
たしかにその声は、海越えてゆくだらう?
暗い海を、船もゐる夜の海を
そして、その声を聴届けるのは誰だらう?
それは誰か、ゐるにはゐると思ふけれど
しかしその声は、途中で消えはしないだらうか?
たとへ浪は荒くはなくともたとへ風はひどくはなくとも
その声は、途中で消えはしないだらうか?

母親はひと晩ぢう、子守唄をうたふ
母親はひと晩ぢう、子守唄をうたふ
淋しい人の世の中に、それを聴くのは誰だらう?
淋しい人の世の中に、それを聴くのは誰だらう?

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

Senpuki04
にほんブログ村:「詩集・句集」人気ランキングページへ
(↑ランキング参加中。ポチっとしてくれたらうれしいです。)

 

« 生前発表詩篇を読む続編   <33>雨の朝 | トップページ | 生前発表詩篇を読む続編   <35>渓流 »

中原中也/生前発表詩篇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生前発表詩篇を読む続編   <34>子守唄よ:

« 生前発表詩篇を読む続編   <33>雨の朝 | トップページ | 生前発表詩篇を読む続編   <35>渓流 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ