カテゴリー

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ダダ詩「ノート1924」の世界<14>情欲 | トップページ | ダダ詩「ノート1924」の世界<16>春の夕暮 »

2011年3月25日 (金)

ダダ詩「ノート1924」の世界<15>迷つてゐます

「迷つてゐます」は
少なくとも
詩人が
このタイトルを付けた作品です。

もう
ほとんど
嘘じゃない
飾っていない
赤裸々に
ストレートに
自分をさらけ出しています。

迷っています
というのは
本当のことなのでしょう
掛け値なしに
詩人は迷っているのです

それも
恋のために
性欲のために

筆は
性欲の反対物です

性欲に
筆が
折れそうになっています
それを
詩人は
隠そうともしません

 *
 迷つてゐます

筆が折れる
それ程足りた心があるか
だつて折れない筆がありますか?

聖書の綱が
性欲のコマを廻す

原始人の礼儀は
外界物に目も呉れないで
目前のものだけを見ることでした

だがだが
現代文明が筆を生みました
筆は外界物です
現代人は目前のものに対するに
その筆を用ひました
発明して出来たものが不可なかつたのです
だが好いとも言えますから――
僕は筆を折りませうか?
その儘にしときませうか?

(角川ソフィア文庫「中原中也全詩集」より)

Senpuki04
にほんブログ村:「詩集・句集」人気ランキングページへ
(↑ランキング参加中。ポチっとしてくれたらうれしいです。)

« ダダ詩「ノート1924」の世界<14>情欲 | トップページ | ダダ詩「ノート1924」の世界<16>春の夕暮 »

0011中原中也のダダイズム詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダダ詩「ノート1924」の世界<15>迷つてゐます:

« ダダ詩「ノート1924」の世界<14>情欲 | トップページ | ダダ詩「ノート1924」の世界<16>春の夕暮 »