2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

« 中原中也が訳したランボー「感動」Sensation | トップページ | 中原中也が訳したランボー「感動」その3・堀口大学の「感覚」 »

2011年10月17日 (月)

中原中也が訳したランボー「感動」Sensation・その2

「感動」Sensationには
同時代訳がいくつか存在します。
それを少し読んで
中原中也訳との違いを見てみます。

いま手元にある
永井荷風の「珊瑚集」(新潮文庫、昭和28年)には
「そぞろあるき」というタイトルで
ランボー作品が一つだけ訳出されていますが
これが「Sensation」の荷風訳です。
(「珊瑚集」の初版発行は大正2年)。

「Sensation=センサシオン」は
中原中也の場合「感動」
荷風の場合「そぞろあるき」となり
ほかにも
金子光晴は「Sensation」をそのままにしますし
同時代ではなく最近のものでは
粟津則雄、宇佐美斉は「感覚」と訳します。

永井荷風の「珊瑚集」は
サブタイトルに「仏蘭西近代抒情詩選」とあるように
フランス詩の翻訳アンソロジーです。
シャルル・ボオドレエル(ボードレール)
ポオル・ヴェルレエン(ベルレーヌ)
アンリイ・ド・レニエエ(レニエ)らに混じって
アルチュウル・ランボオの名があり
「そぞろあるき」だけが収載されています。

これを読んでみますと――

 ◇

 そぞろあるき
 
蒼(あを)き夏の夜や
麦の香(か)に酔(ゑ)ひ野草をふみて
小みちを行(ゆ)かば
心はゆめみ、我(わが)足さはやかに
わがあらはなる額(ひたひ)、
吹く風に浴(ゆあ)みすべし。
われ語らず、われ思はず、
われただ限りなき愛
魂(たましひ)の底に湧出(わきいづ)るを覚ゆべし。
宿(やど)なき人の如(ごと)く
いよ遠くわれは歩まん。
恋人と行(ゆ)く如く心うれしく
「自然」と共にわれは歩まん。

――というふうに訳されています。

古書店で手に入れた
金子光晴の訳をみますと――

 ◇

「三、Sensationサンサシオン」

夏の爽(さわ)やかな夕、ほそ草をふみしだき、
ちくちくと麦穂の先で手をつつかれ、小路をゆこう。
夢みがちに踏む足の、一あしごとの新鮮さ。
帽子はなし。ふく風に髪をなぶらせて。

 話もしない。ものも考えない。だが、
僕のこのこころの底から、汲めどもつきないものが湧きあがる。
さあ。ゆこう。どこまでも。ボヘミアンのように。
自然とつれ立って、――恋人づれのように胸をはずませ……
(「ランボー全集 全一巻」、雪華社、1984)
※作品タイトルの前に通し番号をつけたのは、金子光晴自身か、編集者か、不明。

――とあります。

金子光晴の訳は
「近代仏蘭西詩集」(紅玉堂、大正14年)に
「サンサシオン」として初出しましたが
両者に大きな異同はないものと推測されます(未確認)。

中原中也の訳出は
昭和9年9月から10年3月の間に行われた(推定)ものとされていますが
永井荷風、金子光晴のほかに
同時代の訳として
長田秀雄「感覚」(明治41年)
藤林みさを「感覚」(大正12年)
三富朽葉「SENSATION」(大正15年)
大木篤夫「感覚」(昭和3年)
――を「新全集」はあげています。

(大木篤夫がランボーを訳していたなんて!)

中原中也訳は
歴史的仮名遣いで表記、
文語混じりの口語を基調にしているのは
創作詩と変わりませんが
ランボーが16歳で作ったこの詩を
「われ」でも「僕」でもなく
「私」としたところに
ランボーの「実直さ」を失うまいとした
訳者の眼差しが感じられるようです。

 *
 感動
 中原中也訳

私はゆかう、夏の青き宵は
麦穂臑(すね)刺す小径の上に、小草(をぐさ)を踏みに
夢想家・私は私の足に、爽々(すがすが)しさのつたふを覚え、
吹く風に思ふさま、私の頭をなぶらすだらう!

私は語りも、考へもしまい、だが
果てなき愛は心の裡(うち)に、浮びも来よう
私は往かう、遠く遠くボヘミヤンのやう
天地の間を、女と伴れだつやうに幸福に。

(講談社文芸文庫「中原中也全訳詩集」より)
※一部、新漢字を使用しました。編者。

にほんブログ村:「詩集・句集」人気ランキングページへ
(↑ランキング参加中。記事がおもしろかったらポチっとお願いします。やる気がでます。)

« 中原中也が訳したランボー「感動」Sensation | トップページ | 中原中也が訳したランボー「感動」その3・堀口大学の「感覚」 »

中原中也が訳したランボー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047491/42549484

この記事へのトラックバック一覧です: 中原中也が訳したランボー「感動」Sensation・その2:

« 中原中也が訳したランボー「感動」Sensation | トップページ | 中原中也が訳したランボー「感動」その3・堀口大学の「感覚」 »