2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

カテゴリー

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

« 中原中也が訳したランボー「海の泡から生れたヴィナス」Véus anadyomènその2 | トップページ | 中原中也が訳したランボー「ニイナを抑制するものは」Ce qui retient Ninaその2 »

2012年7月25日 (水)

中原中也が訳したランボー「ニイナを抑制するものは」Ce qui retient Nina

「ニイナを抑制するものは」Ce qui retient Ninaを読むにあたって
表記の問題で予めおことわりしておきたいこととして――

原作の小字(=ァィゥェォッャュョヮヵヶ)と
並字(=アイウエオツヤユヨワカケ)の使い分けが
完全には再現できていないかもしれないことを
申し上げておきます。

底本としている「新編中原中也全集」では
「ン」を小字・並字と使い分けていますが
このサイトではできませんでした。
そもそも、詩人が「ン」を大小と使い分けていたのか
疑問が残ることもあって
ここでは「ン」のすべてを並字で表記しました。

「ヨ」の小字「ョ」は「キャキュキョ」の「キョ」以外使わず
行末の間投詞「よ・ヨ」の場合を「ヨ」と並字にしたのは
間投詞「さ・サ」の場合と同様です。
底本もこの考えであろうと推測されます。

それにしても
「広(ひれ)ェ草ッ原」(ヒレエクサッパラ)のように小字を使って
詩人は翻訳に
東京の下町言葉の調子を与えようとしているらしく
細心さには頭が下がります。

「肉が顫わァ。」なんてのも
「ニクガフルワワア」か「ニクガフルエルワア」か
どちらに読んでいいのか分かりませんが
かなりデリケートなニュアンスを
伝えようと工夫している様子です。

ニイナという女性に
俺(オイラ)は
一方的に口説き文句をはなっていますが
延々と続ける口説きは
途中で妄想に変わって
ますます強引さを増していったところで
ニイナがポツリと一言――

そんで、(あんた)仕事、どうすんの?

一挙に
破滅。

この後どうなったことやら
まるで落語みたいな
男女のやりとりです。

 *

 ニイナを抑制するものは

      彼曰く――

そなたが胸をばわが胸の上(へ)に、
   そじゃないか、俺等(おいら)は行こうぜ、
鼻ン腔(あな)ァふくらましてヨ、
   空ははればれ

朝のお日様ァおめえをうるおす
   酒でねえかョ……
寒げな森が、血を出してらァな
   恋しさ余って、

枝から緑の雫を垂れてヨ、
   若芽出してら、
それをみてれァおめえも俺も、
   肉が顫わァ。

苜蓿(うまごやし)ン中おめえはブッ込む
   長(なげ)ェ肩掛、
大きな黒瞳(くろめ)のまわりが青味の
   聖なる別嬪、

田舎の、恋する女じゃおめえは、
   何処へでも
まるでシャンペンが泡吹くように
   おめえは笑を撒き散らす、

俺に笑えよ、酔って暴れて
   おめえを抱こうぜ
こオんな具合(ぐえィ)に、――立派な髪毛じゃ
   嚥んでやろうゾ

苺みてェなおめえの味をヨ、
   肉の花じゃよ
泥棒みてェにおめえを掠める
   風に笑えだ

御苦労様にも、おめえを厭(いと)わす
   野薔薇に笑えだ、
殊には笑えだ、狂った女子(あまっこ)
   こちのひとえだ!……

十七か! おめえは幸福(しやわせ)。
   おお! 広(ひれ)ェ草ッ原、
素ッ晴らしい田舎!
   ――話しなよ、もそっと寄ってサ……

そなたが胸をばわが胸の上(へ)にだ、
   話をしいしい
ゆっくりゆこうぜ、大きな森の方サ
   雨水(あまみず)の滝の方サ、

死んじまった小娘みてェに、
   息切らしてヨウ
おめえは云うだろ、抱いて行ってと
   眼(め)ェ細くして。

抱いてゆくともどきどきしているおめえを抱いたら
   小径の中へヨ、
小鳥の奴めァゆっくり構えて、啼きくさるだろヨ
   榛ン中で。

口ン中へョ俺ァ話を、注ぎ込んでやら、
   おめえのからだを
締めてやらァな子供を寝かせる時みてェにヨウ、
   おめえの血は酔い

肌の下をョ、青ゥく流れる
   桃色調でョ
そこでおめえに俺は云わァな、
   ――おい! とね、――おめえにャ分らァ

森は樹液の匂いでいっぱい、
   おてんと様ァ
金糸でもってヨ暗(くれ)ェ血色の、森の夢なざ
   ぐッと飲まァナ。

日暮になったら?……俺等(おいら)ァ帰(けえ)らァ、
   ずうッとつづいた白い路をョ、
ブラリブラリと道中(みちみち)草食う
   羊みてェに。

青草生(へ)ェてる果物畑は、
   しちくね曲った林檎の樹が、
遠方(えんぼう)からでも匂うがように、
   強ェ匂いをしてらァな!

やんがて俺等は村に著く、
   空が半分暗(くれ)ェ頃、
乳臭エ匂いがしていようわサ
   日暮の空気のそン中で、

臭エ寝藁で一杯(いっぺェ)の、
   牛小屋の匂いもするベェよ、
ゆっくりゆっくり息を吐エてヨ
   大ッきな背中ア

薄明(うすらあかり)で白ウくみえてヨ、
   向うを見ればョ
牝牛がおっぴらに糞(くそ)してらァな、
   歩きながらヨ。

祖母(ばば)は眼鏡ェかけ
   長(なげ)ェ鼻をョ
弥撒集(いのりぼん)に突ッ込み、鉛の箍の
   ビールの壺はョ

大きなパイプで威張りくさって
   突ン出た唇(くち)から煙を吐き吐き、
しょっちう吐ェてる奴等の前でヨ、
   泡を吹いてら、

突ン出た唇奴(くちめ)等もっともっとと、
   ハムに食い付き、
火は手摺附の寝台や
   長持なんぞを照らし出してヨ、

丸々太ってピカピカしている
   尻を持ってる腕白小僧は
膝ついて、茶碗の中に突っ込みやがらァ
   その生(なま)ッ白(ちれ)ェしやッ面(つら)を

その面(つら)を、小(ちひ)せェ声してブツクサ呟く
   も一人の小憎の鼻で撫でられ
その小僧奴の丸(まァる)い面(つら)に
   接唇とくらァ、

椅子の端ッこに黒くて赤(あけ)ェ
   恐ろし頭した
婆々(ばばあ)はいてサ、燠の前でヨ
   糸紡ぐ――

なんといろいろ見れるじゃねェかヨ、
   この荒家(あばらや)の中ときた日にャ、
焚火が明(あか)ァく、うすみっともねェ
   窓の硝子を照らす時!

紫丁香花(むらさきはしどい)咲いてる中の
   こざっぱりした住居じゃ住居
中じゃ騒ぎじゃ
   愉快な騒ぎ……

来なよ、来なってば、愛してやらあ、
   わるかあるめェ
来なッたら来なよ、来せェしたらだ……

      彼女曰く――

だって職業(しごと)はどうなンの?
          〔一五、八、一八七〇〕

※底本を角川書店「新編中原中也全集」とし、新漢字・現代かな遣いで表記しました。
また、ルビは原作にあるもののみを( )の中に表示しました。編者。

にほんブログ村:「詩集・句集」人気ランキングページへ
(↑ランキング参加中。記事がおもしろかったらポチっとお願いします。やる気がでます。)

« 中原中也が訳したランボー「海の泡から生れたヴィナス」Véus anadyomènその2 | トップページ | 中原中也が訳したランボー「ニイナを抑制するものは」Ce qui retient Ninaその2 »

中原中也が訳したランボー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047491/46458649

この記事へのトラックバック一覧です: 中原中也が訳したランボー「ニイナを抑制するものは」Ce qui retient Nina:

« 中原中也が訳したランボー「海の泡から生れたヴィナス」Véus anadyomènその2 | トップページ | 中原中也が訳したランボー「ニイナを抑制するものは」Ce qui retient Ninaその2 »