« 「生活者」から「山羊の歌・初期詩篇」へ・「悲しき朝」その2 | トップページ | 「生活者」から「山羊の歌・初期詩篇」へ・「悲しき朝」その4 »

2013年11月19日 (火)

「生活者」から「山羊の歌・初期詩篇」へ・「悲しき朝」その3

(前回からつづく)

「悲しき朝」は
なぜ「悲しき」なのでしょう?
どこがどのように悲しいのでしょう?

この詩の中に
それを明示する詩語を見つけるのは
困難といえば困難でしょうが
ヒントくらいは見つかるでしょう、きっと。

それを見つけることは
この詩を読むのに等しいことかもしれません。

悲しき朝
 
河瀬(かわせ)の音が山に来る、
春の光は、石のようだ。
筧(かけい)の水は、物語る
白髪(しらが)の嫗(おうな)にさも肖(に)てる。

雲母(うんも)の口して歌ったよ、
背ろに倒れ、歌ったよ、
心は涸(か)れて皺枯(しわが)れて、
巌(いわお)の上の、綱渡り。

知れざる炎、空にゆき!

響(ひびき)の雨は、濡(ぬ)れ冠(かむ)る!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

われかにかくに手を拍く……

1行1行を読み返してみれば
「悲しみ」につながるものならば
「響の雨」という言葉に強く吸引されます。

「悲しみ」ならば
「炎」よりも「雨」になりますから。

「響の雨」とは
第1連、第2連を通じて歌われている
河瀬の音であると同時に
それを聞きながらぼくが口をとがらせて歌った歌が
岩の上を綱渡りしていく声でもあります。

河瀬をバックに歌ったぼくの声は
カラカラの心が歌ったしゃがれ声でした。
その歌が滝の岩の上を走るのです。

雲母の口して歌ったよ、
背ろに倒れ、歌ったよ、
心は涸(か)れて皺枯(しわが)れて、
巌(いわお)の上の、綱渡り。

――という第2連が
単なる情景描写ではないのを
なぜ感じられるのでしょうか。

ここにこの詩の最大の不思議があるのですが
よくよく考えてみると
幼い子どもであった詩人が巨大な滝を背に
声を枯らして歌っているというその一種異様な姿が
異様ではなく自然に歌われているこの連は
この詩の中で詩人その人のその心に
もっとも接近している部分です。

詩人の思いを
もっともクローズアップする詩行です。

雲母の口して
背に倒れ
歌った
――という状況にいたるまでにどのような経緯があったのか
想像するのはそれほど困難なことではありません。

巌を背にして
子どもがひとりぼっちで
声を限りに歌っているのです。

「悲しみ」の元が
このあたりにありそうです。

今回はここまで。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

 

« 「生活者」から「山羊の歌・初期詩篇」へ・「悲しき朝」その2 | トップページ | 「生活者」から「山羊の歌・初期詩篇」へ・「悲しき朝」その4 »

中原中也/「生活者」の詩群」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生活者」から「山羊の歌・初期詩篇」へ・「悲しき朝」その3:

« 「生活者」から「山羊の歌・初期詩篇」へ・「悲しき朝」その2 | トップページ | 「生活者」から「山羊の歌・初期詩篇」へ・「悲しき朝」その4 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ