カテゴリー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「盲目の秋」の無限/ギロギロする目「その後」2 | トップページ | 「盲目の秋」の無限/ギロギロする目「その後」4 »

2014年2月 6日 (木)

「盲目の秋」の無限/ギロギロする目「その後」3

(前回からつづく)

無限の前で腕を振っていた詩人は
突如、声高な響きの告白か懺悔(ざんげ)か
心に渦巻く己の声をぶちまけます。

   Ⅱ

これがどうなろうと、あれがどうなろうと、
そんなことはどうでもいいのだ。

これがどういうことであろうと、それがどういうことであろうと、
そんなことはなおさらどうだっていいのだ。

人には自恃(じじ)があればよい!
その余はすべてなるままだ……

自恃だ、自恃だ、自恃だ、自恃だ、
ただそれだけが人の行(おこな)いを罪としない。

平気で、陽気で、藁束(わらたば)のようにしんみりと、
朝霧を煮釜に塡(つ)めて、跳起(とびお)きられればよい!

明るい場所から
あたかも大衆に向けて演説するかのように力強く
第2章(Ⅱ)は
自分を恃(たの)むこと=自恃(じじ)の大切さを訴えます。

もちろん、全ては自分に向けたエールみたいなもので
他人に向かって述べられた演説ではありません。

末連、
平気で、陽気で、藁束(わらたば)のようにしんみりと、
朝霧を煮釜に塡(つ)めて、跳起(とびお)きられればよい!
――は、
いかなる(困難な)日常を生きていようと
つまらぬことに動じないで
ほがらかに明るく
藁束のようにしみじみと、

朝霧をたっぷり含んだ煮釜のように
余裕をもってゆったりと
寝床から飛び起きられればよいと――

なかなか容易ではないはずである「自恃(じじ)」の
その「安定した」日々を送るための要点(ツボ)を
自らに確認します。

――と歌ったところで
今度はサンタ・マリアを呼び出して
これまでこらえていたものを一気に吐き出すのが第3章(Ⅲ)です。

泰子をサンタ・マリアに見立てて呼びかけるのです。

   Ⅲ

私の聖母(サンタ・マリヤ)!
  とにかく私は血を吐いた! ……
おまえが情けをうけてくれないので、
  とにかく私はまいってしまった……

それというのも私が素直(すなお)でなかったからでもあるが、
  それというのも私に意気地(いくじ)がなかったからでもあるが、
私がおまえを愛することがごく自然だったので、
  おまえもわたしを愛していたのだが……

おお! 私の聖母(サンタ・マリヤ)!
  いまさらどうしようもないことではあるが、
せめてこれだけ知るがいい――

ごく自然に、だが自然に愛せるということは、
  そんなにたびたびあることでなく、
そしてこのことを知ることが、そう誰にでも許されてはいないのだ。

いまさらどうにもならない、と
「過去」のことにしてしまう未練を含ませながら
「俺とお前」は自然に愛したのだし
自然に愛することなんて何度もあることではなく
そんじょそこらに存在するものではない、と
泰子との愛の奇跡を歌いますが、
それを聞かせたい泰子は
いま傍(そば)にいません。

こうして、
第4章(Ⅳ)で
自分の臨終を歌うことになります。

   Ⅳ

せめて死の時には、
あの女が私の上に胸を披(ひら)いてくれるでしょうか。
  その時は白粧(おしろい)をつけていてはいや、
  その時は白粧をつけていてはいや。

ただ静かにその胸を披いて、
私の眼に副射(ふくしゃ)していて下さい。
  何にも考えてくれてはいや、
  たとえ私のために考えてくれるのでもいや。

ただはららかにはららかに涙を含み、
あたたかく息づいていて下さい。
――もしも涙がながれてきたら、
いきなり私の上にうつ俯(ぶ)して、
それで私を殺してしまってもいい。
すれば私は心地よく、うねうねの暝土(よみじ)の径(みち)を昇りゆく。

(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。「新かな」に変え、一部「ルビ」を加えました。編者。)

今回はここまで。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« 「盲目の秋」の無限/ギロギロする目「その後」2 | トップページ | 「盲目の秋」の無限/ギロギロする目「その後」4 »

012中原中也/「山羊の歌」の世界/「少年時」以後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「盲目の秋」の無限/ギロギロする目「その後」3:

« 「盲目の秋」の無限/ギロギロする目「その後」2 | トップページ | 「盲目の秋」の無限/ギロギロする目「その後」4 »