2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

« 船頭と蛙二つのメタファー/「憔悴」その7 | トップページ | 押し寄せる寂漠/「いのちの声」その2 »

2014年6月 4日 (水)

詩集の最終詩/「いのちの声」

(前回から続く)

「羊の歌」は
「憔悴」を経て
「いのちの声」を歌い
この3篇を5番目の章「羊の歌」として編み
詩集「山羊の歌」を完成しました。

「初期詩篇」
「少年時」
「みちこ」
「秋」
「羊の歌」
――の全5章を設けて
詩集のタイトルを「山羊の歌」としたのです。

詩集「山羊の歌」の編集がはじめられたのは
昭和7年4月ごろと考えられています。

およそ2か月でこの編集は終了しますが
出版されたのは昭和9年12月。
結婚した中也に第1子が生まれた直後のことでした。

出版元が決まらず
高村光太郎の装丁で刊行される昭和9年12月までの紆余曲折(うよきょくせつ)は
安原喜弘が著した「中原中也への手紙」などで知ることができます。

「山羊の歌」は出版元が決まって
最後の校正の段階になっても
詩への推敲やページデザインの修正などが行われたということですが
集中の詩の制作は「いのちの声」が最終になりました。

「いのちの声」初稿の制作は
詩集が編集された昭和7年(1924年)4月~6月と推定されています。

「憔悴」が書かれ
まもなくして「いのちの声」は書かれたということになります。
(「新全集」より。)

いのちの声
 
          もろもろの業、太陽のもとにては蒼ざめたるかな。
                            ――ソロモン
 
僕はもうバッハにもモツアルトにも倦果(あきは)てた。
あの幸福な、お調子者のジャズにもすっかり倦果てた。
僕は雨上りの曇った空の下の鉄橋のように生きている。
僕に押寄せているものは、何時(いつ)でもそれは寂漠(じゃくばく)だ。

僕はその寂漠の中にすっかり沈静(ちんせい)しているわけでもない。
僕は何かを求めている、絶えず何かを求めている。
恐ろしく不動の形の中にだが、また恐ろしく憔(じ)れている。
そのためにははや、食慾(しょくよく)も性慾もあってなきが如(ごと)くでさえある。

しかし、それが何かは分らない、ついぞ分ったためしはない。
それが二つあるとは思えない、ただ一つであるとは思う。
しかしそれが何かは分らない、ついぞ分ったためしはない。
それに行き著(つ)く一か八(ばち)かの方途(ほうと)さえ、悉皆(すっかり)分ったためしはない。

時に自分を揶揄(からか)うように、僕は自分に訊(き)いてみるのだ、
それは女か? 甘(うま)いものか? それは栄誉か?
すると心は叫ぶのだ、あれでもない、これでもない、あれでもないこれでもない!
それでは空の歌、朝、高空に、鳴響く空の歌とでもいうのであろうか?

   Ⅱ

否何(いないず)れとさえそれはいうことの出来ぬもの!
手短かに、時に説明したくなるとはいうものの、
説明なぞ出来ぬものでこそあれ、我(わ)が生は生(い)くるに値(あたい)するものと信ずる
それよ現実! 汚れなき幸福! あらわるものはあらわるままによいということ!

人は皆、知ると知らぬに拘(かかわ)らず、そのことを希望しており、
勝敗に心覚(さと)き程(ほど)は知るによしないものであれ、
それは誰も知る、放心の快感に似て、誰もが望み
誰もがこの世にある限り、完全には望み得ないもの!

併(しか)し幸福というものが、このように無私(むし)の境のものであり、
かの慧敏(けいびん)なる商人の、称(しょう)して阿呆(あほう)というものであろう底(てい)のものとすれば、
めしをくわねば生きてゆかれぬ現身(うつしみ)の世は、
不公平なものであるよといわねばならぬ

だが、それが此(こ)の世というものなんで、
其処(そこ)に我等(われら)は生きており、それは任意の不公平ではなく、
それに因(よっ)て我等自身も構成されたる原理であれば、
然(しか)らば、この世に極端(きょくたん)はないとて、一先(ひとま)ず休心するもよかろう。

   Ⅲ

されば要は、熱情の問題である。
汝(なんじ)、心の底より立腹(りっぷく)せば
怒れよ!

さあれ、怒ることこそ
汝(な)が最後なる目標の前にであれ、
この言(こと)ゆめゆめおろそかにする勿(なか)れ。

そは、熱情はひととき持続し、やがて熄(や)むなるに、
その社会的効果は存続し、
汝(な)が次なる行為への転調の障(さまた)げとなるなれば。

   Ⅳ

ゆうがた、空の下で、身一点に感じられれば、万事(ばんじ)に於(おい)て文句はないのだ。

(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。「新かな」に変え、一部「ルビ」を加えました。編者。)

「憔悴」の最終節「Ⅵ」で歌われた「音楽」が
「いのちの声」冒頭の2行
僕はもうバッハにもモツアルトにも倦果(あきは)てた。
あの幸福な、お調子者のジャズにもすっかり倦果てた。
――へとストレートに連続しています。

と、聞えてくる音楽には心惹(ひ)かれ、
ちょっとは生き生きしもするのですが、
その時その二っつは僕の中に死んで、

ああ 空の歌、海の歌、
僕は美の、核心を知っているとおもうのですが
それにしても辛いことです、怠惰を逭(のが)れるすべがない!

――と「憔悴」で歌われた「音楽」は
「いのちの声」では「倦果て」られているのです。

「倦果てた」のと「怠惰」は同じことです。

今回はここまで。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« 船頭と蛙二つのメタファー/「憔悴」その7 | トップページ | 押し寄せる寂漠/「いのちの声」その2 »

中原中也/「山羊の歌」の世界/「羊の歌」から「いのちの声」へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詩集の最終詩/「いのちの声」:

« 船頭と蛙二つのメタファー/「憔悴」その7 | トップページ | 押し寄せる寂漠/「いのちの声」その2 »