カテゴリー

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/秋谷豊③ | トップページ | 新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/秋谷豊⑤ »

2017年8月19日 (土)

新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/秋谷豊④

 

 

 

 

樹々はしずかに身ぶるいする 爽涼な栄養

と大きな夏の日暮をすこしずつ振り落す

葡萄の皿に種子ばかり残して

 

あの日 ぼくを泣かせたのは誰 枯れた梢ほ

どの影が映る書斎の壁に 薄い脱け殻たちが

眠っている あたらしいいとなみは日に日に

はげしく ぼくは果実をだいて風見(かざみ)のみえる野

のほうへあるいて行こう

 

――人よ しばらくはきみと別れるために

 

(角川文庫「現代詩人全集」第10巻・戦後Ⅱ/鮎川信夫解説」より。)

 

 

「蝉」と題したこの詩が

「小さな町で」というタイトルで

内容にも幾つかの異同があるのを

「廃墟の詩学(中村不二夫、2014年)」の中の

「戦後詩復興と抒情精神――『純粋詩』から『地球』創刊まで」という論考で知りました。

 

この論考の中に

「小さな町で」が引用されてあります。

 

 

「蝉」と「小さな町で」は

どちらが先に制作されたものでしょうか?

 

 

「戦後詩復興と抒情精神」の中では

「小さな町で」の引用の前に、

 

第二号掲載の秋谷の詩作品は、戦地で友が逝き、いまだ消息不明のままの詩友もいる、

敗戦後のそうした傷心を率直に映し出している。

――という記述があり

「地球」復刊第2号に発表されたことを明示していますから

1947年11月の発表ということになります。

 

角川文庫の「現代詩人全集・第10巻・戦後Ⅱ」は

1963年に初版発行されていますから

おそらく「小さな町で」のほうが先に制作されたようですが

これは単に発表順を制作順と想像しただけの推定です。

 

「小さな町で」は

歴史的かな遣いが見られますし

「蝉」は現代かなで表記されていますから

二つの詩の制作順序は明らかなようではありますが

断定できません。

 

編集上の必要から

新しい作品に歴史的かな遣いが使われる場合もあります。

 

 

ということですが

まず、その「小さな町で」を読んでみましょう。

 

 

小さな町で

 

樹々はしづかに身ぶるひする 爽凉な栄養と 大きな夏の日暮

をすこしづつ振り落す 葡萄の皿に 白い種子ばかり残して

 

あの日 僕を泣かせたのは誰 枯れた梢ほどの人影をうつす書

斎の壁に 蝉の脱け殻たちが眠ってゐる 沈鬱なあれらの来歴の

やうに あたらしいいとなみは日に日にはげしく 僕は肉体

の果実をいだいて風見鶏の見える町のほうへ歩いてゆかう

 

リルケの果樹園の匂ひのする抒情よ

しばらくは君と別れを告げるために

 

(土曜美術社出版販売「廃墟の詩学」所収「戦後詩復興と抒情精神」から引用。)

 

 

制作順を特定できないままですが

「蝉」と「小さな町で」の異同を見ると、

 

1、 タイトルが「蝉」という昆虫(自然)と

  「小さな町で」という場所の違い。

2、「蝉」にはない詩句「沈鬱なあれらの来歴のやうに」が

  「小さな町で」にはある。

3、「蝉」の詩行「ぼくは果実をだいて風見のみえる野のほうへあるいて行こう」は

  「小さな町で」では「僕は肉体の果実をいだいて風見鶏のみえる町のはうへ歩いてゆ

  かう」とある。果実に「肉体の」という修飾があり、風見は「風見鶏」、野は「町」になって

  いる。

4、最終連の――以後の詩行は

  「蝉」では、

  「人よ しばらくはきみと別れるために」という1行に、

  「小さな町で」は、

  「リルケの果樹園の匂ひのする抒情よ

  しばらくは君と別れを告げるために」と2行になっている。

 

――といったところです。

 

削除か、追加の

どちらかが行われたことになります。

 

 

仮に「蝉」が先に書かれたとすれば、

追加が「小さな町で」で行われたことになります。

 

そのことによって

いっそう詩の骨格が明瞭になり

詩の意図が鮮明になります。

 

(詩人のメタファーである)蝉という自然を押し出すより

僕が小さな町(野ではなく)で起こそうとする行動の未来へ

詩の重心を置く意志がはっきりしますし。

 

「沈鬱なあれらの来歴」は

蝉の過去を明らかにするとともに

日に日に激しい営み(変化)を繰り返すという現在を示して

僕のこれから(未来)の行動を促す原因がくっきりします。

 

時の流れを明確にし

起承転結を明らかにした効果があります。

 

果実に「肉体の」を加えたのは

収穫の豊穣を強調したからでしょうか、

まだ残っている身体のパワーを意味しているのでしょうか。

 

 

最終連の2行は、

「蝉」では

「人よ」と呼びかけた対象が

だれか友人たちであったかのように漠然としていましたが

「小さな町で」では

「抒情」そのもの、それもリルケの抒情であることを明かし

「人よ」の人は「君」に変えられて

しかもそれは友人たちのことではなく

「リルケ的抒情」そのことであるとの変更になります。

 

戦前に親しんだリルケの抒情(四季派的抒情)との訣別

もしくは軌道修正を宣言したことになり

詩の根底からの変成(変更)を意図したことになります。

 

これらの変成の底に

戦争の影はあり

戦後を生きる姿勢がおぼろげに見え出す仕掛けになるでしょうか。

 

 

最終連の2行、

リルケの果樹園の匂ひのする抒情よ

しばらくは君と別れを告げるために

――は、しかし

リルケ的な(四季派的な)抒情の全否定ではないようです。

 

しばらくのわかれのようです。

 

 

……。

 

さて、もし、制作順がこの逆であるなら

ぼくを泣かせたあの日のかなしい出来事を

蝉(脱け殻たち)という自然を通じて

乗り越えて行こうとする

そのわかれ(訣別)の詩(うた)ということになるのかもしれません。

 

そうなると

戦争の影は薄くなりますが。

 

 

途中ですが

今回はここまで。

 

« 新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/秋谷豊③ | トップページ | 新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/秋谷豊⑤ »

125新川和江・抒情の源流その後/現代詩そぞろ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/秋谷豊③ | トップページ | 新川和江とその周辺/「始発駅」のころ・1953年の詩人たち/秋谷豊⑤ »