2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

« 中原中也・詩の宝島/ジュピター神の砲(ひづつ)/「冬の明け方」 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/「冬の明け方」番外編/尾形亀之助の「東雲」 »

2018年2月22日 (木)

中原中也・詩の宝島/ジュピター神の砲(ひづつ)/「冬の明け方」その2



ジュピター神の砲(ひづつ)が
実際に鳴るわけではありません。

にもかかわらず
聞こえる音は
雲間をバリバリ割る陽の光のせいでしょうか。

待望する心の
錯覚でしょうか。

冬の朝の寒さを
じっと耐えて待つ人々の
幻覚でしょうか。



「冬の明け方」は
ジュピター神の登場の後、

四方(よも)の山が沈み、
農家の庭が欠伸(あくび)をし、
道は空へと挨拶する
――という景色を歌います。

青空が荘厳に華麗に幕開けし
風景が日常を取り戻しても
心はいっこうに動きません。



ジュピター神の恩恵を
「冬の明け方」の詩人は歌おうとしないのです。




今回はここまで。

« 中原中也・詩の宝島/ジュピター神の砲(ひづつ)/「冬の明け方」 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/「冬の明け方」番外編/尾形亀之助の「東雲」 »

面白い!中也の日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・詩の宝島/ジュピター神の砲(ひづつ)/「冬の明け方」 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/「冬の明け方」番外編/尾形亀之助の「東雲」 »