2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

« 中原中也・詩の宝島/ジュピター神の砲(ひづつ)/ランボーという事件 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/ジュピターからクリストへ/「古代土器の印象」の沙漠 »

2018年2月28日 (水)

中原中也・詩の宝島/ジュピター神の砲(ひづつ)と古代ギリシア

 

 

ジュピター神の砲(ひづつ)という語彙(ごい)を

中也はどのようにして自分の表現としたのか。

 

現代でこそジュピターは

カタカナ語(日本語)として

中学生でも知っているものになっていますが

ギリシア神話に現われるジュピターは

ダダイスト中也の語彙にはなかったのではないかと

ふとした疑問を抱いて調べてみました。

 

といっても

学者・研究者の姿勢はとりようになく

「ノート1924」の詩群から「朝の歌」までの詩を

ざっとめくってみただけですが。

 

 

ランボーばかりでなく

フランス象徴詩派ばかりでなく

西欧文学を読んでいけば

キリスト教とともに古代ギリシアの造詣(ぞうけい)に圧倒されざるを得ず

中也もまたそれ相当に格闘したことを想像してみましょう。

 

ランボーをひもといただけでも

出くわさないわけにいかないほど

ジュピター神は

ありふれて登場する古代の神々の中心的存在なのだから

富永太郎や小林秀雄や河上徹太郎らが

すでに親しんでいて

普段の会話のなかに

ジュピターの一つ現れないわけがないと想像してみましょう。

 

 

案の定といいましょうか

「ノート1924」の詩群には

神話時代のギリシアも

古典時代のギリシアも

ほぼ現われないことが分かりました。

 

 

今回はここまで。

 

 

冬の明け方

 

残(のこ)んの雪が瓦(かわら)に少なく固く

枯木の小枝が鹿のように睡(ねむ)い、

冬の朝の六時

私の頭も睡い。

 

烏(からす)が啼(な)いて通る――

庭の地面も鹿のように睡い。

――林が逃げた農家が逃げた、

空は悲しい衰弱。

      私の心は悲しい……

 

やがて薄日(うすび)が射し

青空が開(あ)く。

上の上の空でジュピター神の砲(ひづつ)が鳴る。

――四方(よも)の山が沈み、

 

農家の庭が欠伸(あくび)をし、

道は空へと挨拶する。

      私の心は悲しい……

« 中原中也・詩の宝島/ジュピター神の砲(ひづつ)/ランボーという事件 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/ジュピターからクリストへ/「古代土器の印象」の沙漠 »

面白い!中也の日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・詩の宝島/ジュピター神の砲(ひづつ)/ランボーという事件 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/ジュピターからクリストへ/「古代土器の印象」の沙漠 »