« 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続続/(かつては私も) | トップページ | 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続続続続/「無題(緋のいろに)」 »

2018年3月16日 (金)

中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続続続/「秋の日」

 

続けて「ノート1924」に書かれ

幻に終わった第1詩集のための詩篇を読みます。

 

秋は

泰子との別れの傷跡が刻まれた

特別な季節です。

 

 

秋の日

 

秋の日は 白き物音

むきだせる 舗石(ほせき)の上に

人の目の 落ち去りゆきし

ああ すぎし 秋の日の夢

 

空にゆき 人群(ひとむれ)に分け

いまここに たどりも着ける

老の眼の 毒ある訝(いぶか)り

黒き石 興(きょう)をおさめて

 

ああ いかに すごしゆかんかな

乾きたる 砂金は頸(くび)を

めぐりてぞ 悲しきつつましさ

 

涙腺(るいせん)をみてぞ 静かに

あきらめに しりごむきょうを

ああ天に 神はみてもある

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)

 

 

忘れるつもりでお酒を飲みにゆき、帰って来てひざに手を置く。

――と前作(かつては私も)で

一人、祈る姿勢をとった詩人。

 

この詩には

神が現れます。

 

 

この詩は完成稿です。

文語57調のソネット、

分かち書き

……などと定型への意志はいよいよくっきりし

ダダの言葉遣いもほとんど消えています。

 

「朝の歌」に

詩人はかなり近くにいるようです

技法の上で。

 

 

今回はここまで。

« 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続続/(かつては私も) | トップページ | 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続続続続/「無題(緋のいろに)」 »

面白い!中也の日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続続/(かつては私も) | トップページ | 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続続続続/「無題(緋のいろに)」 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ