« 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道/「涙語」「無題(ああ雲は)」 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続続/(かつては私も) »

2018年3月15日 (木)

中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続/(秋の日を歩み疲れて)

 

幻の第1詩集のための草稿詩篇を

つづけて読みましょう。

 

(秋の日を歩み疲れて)は

完成稿ではなく

題名もつけられていない下書き稿ですから

( )の中に詩の第1行を記す習わしです。

 

 

(秋の日を歩み疲れて)

 

秋の日を歩み疲れて

橋上を通りかかれば

秋の草 金にねむりて

草分ける 足音をみる

 

忍従(にんじゅう)の 君は默(もく)せし

われはまた 叫びもしたり

川果(かわはて)の 灰に光りて

感興(かんきょう)は 唾液(だえき)に消さる

 

人の呼気(こき) われもすいつつ

ひとみしり する子のまなこ

腰曲げて 走りゆきたり

 

台所暗き夕暮

新しき生木(なまき)の かおり

われはまた 夢のものうさ

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)

 

 

この詩にも幾つか

ダダ脱皮が試みられています。

 

4行-4行-3行-3行のソネット

5音7音の57調

文語

そして、分かち書き(行を句ごとに空白で分けて書く詩の方法)。

 

 

忍従(にんじゅう)の 君は默(もく)せし

われはまた 叫びもしたり

――の「君」は泰子で

「われ」は詩人のようです。

 

ならば

京都の匂いがしないでもないですが……。

 

台所暗き夕暮

新しき生木(なまき)の かおり

われはまた 夢のものうさ

――は泰子の新生活を垣間見た詩人のこころの内でしょうか。

 

それが

「夢のものうさ」と吐露(とろ)されているのならば

ハッとせざるをえません。

 

 

今回はここまで。

« 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道/「涙語」「無題(ああ雲は)」 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続続/(かつては私も) »

面白い!中也の日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道/「涙語」「無題(ああ雲は)」 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/「ノート1924」ダダ脱皮の道・続続/(かつては私も) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ