« 中原中也・詩の宝島/ランボーを介した交流<はじまり・その14/「地獄の季節」の「別れ」 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/ランボーを介した交流<はじまり・その16>/富永太郎納棺の夜の詩人 »

2018年4月29日 (日)

中原中也・詩の宝島/ランボーを介した交流<はじまり・その15>/小林秀雄と長谷川泰子の恋愛

 

 

富永太郎の臨終から絶命、

葬儀そしてその後の経過は

富永の2高からの友人、正岡忠三郎がつけていた日記やメモに

詳細に記録されました。

 

大岡昇平の「朝の歌」中の「七」は

正岡が残した記録を引用しての克明な終焉記になっています。

 

正岡は

富永太郎が息を引き取った時にも

富永家にあり

富永の言葉に耳を傾けながら

家族や看護師をサポートしました。

 

 

正岡の記録の克明さとは異なる距離感で書かれた

「新編中原中也全集」の年譜は

中原中也の行動記録ですから

一歩を引いた広角度から

富永太郎の死の前後を記録します。

 

中原中也の交友関係の記録の中に

富永太郎の死は位置づけられます。

 

 

10月8日 小林秀雄、ひとりで伊豆大島に出発(*42)。

 

10月23日 この日付の富永太郎書簡に中也への言及がある。「ダゝさんだけは相変わら

ずずゐぶんちょいちょい来るが、これとてもこの頃では一向有難からぬことになっている」(*43)。

 

このころ、小林秀雄から絶交を言い渡される(*44)。

 

11月4日 このころ富永太郎、小林秀雄と長谷川泰子の恋愛を知る。この日付の小林宛

書簡に、中也との絶交について「当り前のことだ」と記す(*45)。

 

(「新編中原中也全集」別巻(上)より。*42、*43、*44、*45の注釈は省略。)

 

 

正岡忠三郎は、年譜が記す11月4日には、まだ京都にいます。

 

小林秀雄と長谷川泰子の恋愛の進行が

富永太郎に伝わった経緯が

迫りくる富永太郎の死の記録の前に置かれています。

 

中原中也は

小林秀雄と長谷川泰子の恋愛の進行を

知っていません。

 

 

11月6日 正岡忠三郎、前日の富永太郎危篤の電報を受けて上京。富永、自分と正岡の

面会を中也に伝えないよう筆談で正岡に伝える。8日、中也が悪く変わったこと、概念的な

ことばかりいっていることなどを正岡に話す。

 

12日午後1時2分、富永死去。24歳。正岡、冨倉徳次郎、村井康男が看取る。夕方、富

永の死顔の写真を撮影(*46)

 

(この部分、改行を加えました。*46の注釈は省略。編者。)

 

 

中原中也が、富永太郎の死をどのようにして知ったのか

年譜は記していませんが

死の翌13日夕方、富永家を訪れます。

 

 

今回はここまで。

« 中原中也・詩の宝島/ランボーを介した交流<はじまり・その14/「地獄の季節」の「別れ」 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/ランボーを介した交流<はじまり・その16>/富永太郎納棺の夜の詩人 »

面白い!中也の日本語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・詩の宝島/ランボーを介した交流<はじまり・その14/「地獄の季節」の「別れ」 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/ランボーを介した交流<はじまり・その16>/富永太郎納棺の夜の詩人 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ