2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ブログランキング参加中です

中原中也を歌う(曲と歌:桜木うさこさん)

電子書籍

無料ブログはココログ

« 中原中也・詩の宝島/ベルレーヌの足跡(あしあと)/補足2・橋本一明の読み・その10 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/ベルレーヌの足跡(あしあと)/補足2・橋本一明の読み・その12 »

2018年12月15日 (土)

中原中也・詩の宝島/ベルレーヌの足跡(あしあと)/補足2・橋本一明の読み・その11

 

 

「神さまが言った……」を読み

「Crimen Amoris」を読んだのは

偶然だったのですが

ベルレーヌの詩の足どりは

この二つの詩を読み比べるだけでも

ベルレーヌの骨格の一部を知ることができるような

重要な要素があるような気がしてきました。

 

 

「Crimen Amoris」は

ベルレーヌが1884年に刊行した詩集「昔とちかごろ」にあり

橋本一明はこの詩集から「ヴェルレーヌ詩集」のために

「万華鏡」、「詩法」とともに3作品を翻訳しています。

 

詩集題名の通り

過去と現在の作品を集めた詩集ですから

「Crimen Amoris」がいつ制作されたかわかりませんが

3作中でも末尾に置かれてあることから

刊行年に近い制作であると見ることが可能でしょうか。

 

橋本一明はこの年、1884年の年譜に

40歳。母からクーロームの土地を贈与される。醜聞にみちた浪費生活。

――とだけ記しています。

 

 

橋本一明訳編の「ヴェルレーヌ詩集」は

全詩集ではなくアンソロジーですから

ベルレーヌの全詩篇が収録されているものではありません。

 

「Crimen Amoris」を

このアンソロジーの最終詩としたのには

ベルレーヌではなく

訳編者の橋本一明のなんらかの意図があるはずなのですが

それがどのようなものかは記されていません。

 

そう思いながら詩集の結末まで読んでみると

終り方がどことなくあっけないような気がしてきます。

 

それは何故でしょうか。

 

この理由と

橋本一明の死とは関係するのでしょうか。

 

 

橋本一明が肺癌に斃れ急逝したのは1969年でした。

 

それからおよそ半世紀

生前の橋本一明を知る女性詩人により

「『二十歳のエチュード』の光と影のもとに」という書物が書かれました。

 

この「『二十歳のエチュード』の光と影のもとに」(2014年、洪水企画発行)にある年譜は

橋本一明の足跡を丹念に追っています。

 

その年譜の橋本一明死後の記述には

 

この年、渡辺一民との共編になる『シモーヌ・ヴェーユ著作集』全5巻が春秋社より刊行さ

れる。また講談社から『ヴェルレーヌ詩集』(執筆途中で倒れたため、その意をついで渡辺

一民、菅野昭正、滝田文彦、二宮敬ら友人が補い完成した)が刊行された。

――とあるのに遭遇し

講談社版の「ヴェルレーヌ詩集」というものがあることを知ります。

 

その内容はどんなものか

角川文庫の「ヴェルレーヌ詩集」は1966年発行ですから

それよりも深められたであろう研究(読み)の成果はどのようであるか

どのような違いがあるのか

最終詩を「Crimen Amoris」とする構成なのか、そうではないのかなどと

関心は深まるばかりですが

今それをひもとく材料がありません。

 

そのうち読んでみることにしたいと思います。

 

 

途中ですが

今回はここまで。

« 中原中也・詩の宝島/ベルレーヌの足跡(あしあと)/補足2・橋本一明の読み・その10 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/ベルレーヌの足跡(あしあと)/補足2・橋本一明の読み・その12 »

中原中也とベルレーヌ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・詩の宝島/ベルレーヌの足跡(あしあと)/補足2・橋本一明の読み・その10 | トップページ | 中原中也・詩の宝島/ベルレーヌの足跡(あしあと)/補足2・橋本一明の読み・その12 »