カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也/秋の詩名作コレクション2/幻想 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション4/秋の日曜 »

2019年10月 3日 (木)

中原中也/秋の詩名作コレクション3/いちじくの葉

いちじくの葉

いちじくの、葉が夕空にくろぐろと、
風に吹かれて
隙間(すきま)より、空あらわれる
美しい、前歯一本欠け落ちた
おみなのように、姿勢よく
ゆうべの空に、立ちつくす

――わたくしは、がっかりとして
わたしの過去の ごちゃごちゃと
積みかさなった思い出の
ほごすすべなく、いらだって、
やがては、頭の重みの現在感に
身を托(たく)し、心も托し、

なにもかも、いわぬこととし、
このゆうべ、ふきすぐる風に頸(くび)さらし、
夕空に、くろぐろはためく
いちじくの、木末(こずえ) みあげて、
なにものか、知らぬものへの
愛情のかぎりをつくす。


(「新編中原中也全集」第2巻・詩より。新かなに変えてあります。)

 

« 中原中也/秋の詩名作コレクション2/幻想 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション4/秋の日曜 »

063中原中也の秋の詩/名作コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也/秋の詩名作コレクション2/幻想 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション4/秋の日曜 »