カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也/秋の詩の名作コレクション1/漂々と口笛吹いて | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション3/いちじくの葉 »

2019年10月 3日 (木)

中原中也/秋の詩名作コレクション2/幻想

幻 想

 

草には風が吹いていた。

出来たてのその郊外の駅の前には、地均機械(ローラー・エンジン)が放り出されてあった。そのそばにはアブラハム・リンカン氏が一人立っていて、手帳を出して何か書き付けている。

(夕陽に背を向けて野の道を散歩することは淋しいことだ。)

「リンカンさん」、私は彼に話しかけに近づいた。

「リンカンさん」

「なんですか」

私は彼のチョッキやチョッキの釦(ボタン)や胸のあたりを見た。

「リンカンさん」

「なんですか」

やがてリンカン氏は、私がひとなつっこさのほか、何にも持合(もちあ)わぬのであることをみてとった。

リンカン氏は駅から一寸(ちょっと)行った処の、畑の中の一瓢亭(いちひょうてい)に私を伴(ともな)った。

我々はそこでビールを飲んだ。

夜が来ると窓から一つの星がみえた。

女給(じょきゅう)が去り、コックが寝、さて此(こ)の家には私達二人だけが残されたようであった。

すっかり夜が更けると、大地は、此の瓢亭(ひょうてい)が載っかっている地所(じしょ)だけを残して、すっかり陥没(かんぼつ)してしまっていた。

帰る術(すべ)もないので私達二人は、今夜一夜(ひとよ)を此処(ここ)に過ごそうということになった。

私は心配であった。

しかしリンカン氏は、私の顔を見て微笑(ほほえ)んでいた、「大丈夫(ダイジョブ)ですよ」

毛布も何もないので、私は先刻(せんこく)から消えていたストーブを焚付(たきつ)けておいてから寝ようと思ったのだが、十能(じゅうのう)も火箸(ひばし)もあるのに焚付がない。万事(ばんじ)諦(あきら)めて私とリンカン氏とは、卓子(テーブル)を中に向き合って、頬肘(ほうひじ)をついたままで眠ろうとしていた。電燈(でんとう)は全く明るく、残されたビール瓶の上に光っていた。

目が覚めたのは八時であった。空は晴れ、大地はすっかり旧に復し、野はレモンの色に明(あか)っていた。

コックは、バケツを提(さ)げたまま裏口に立って誰かと何か話していた。女給は我々から三米(メートル)ばかりの所に、片足浮かして我々を見守っていた。

「リンカンさん」

「なんですか」

「エヤアメールが揚(あが)っています」

「ほんとに」

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩より。新かなに変えてあります。原文の「ひとなつっこさ」に傍点がつけられています。 )

 

« 中原中也/秋の詩の名作コレクション1/漂々と口笛吹いて | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション3/いちじくの葉 »

063中原中也の秋の詩/名作コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也/秋の詩の名作コレクション1/漂々と口笛吹いて | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション3/いちじくの葉 »