カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也/秋の詩名作コレクション11/無 題 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション13/或る心の一季節――散文詩 »

2019年10月 5日 (土)

中原中也/秋の詩名作コレクション12/秋の愁嘆

秋の愁嘆

ああ、秋が来た
眼に琺瑯(ほうろう)の涙沁(し)む。
ああ、秋が来た
胸に舞踏の終らぬうちに
もうまた秋が、おじゃったおじゃった。
野辺を 野辺を 畑を 町を
人達を蹂躪(じゅうりん)に秋がおじゃった。

その着る着物は寒冷紗(かんれいしゃ)
両手の先には 軽く冷い銀の玉
薄い横皺(よこじわ)平らなお顔で
笑えば籾殻(もみがら)かしゃかしゃと、
へちまのようにかすかすの
悪魔の伯父(おじ)さん、おじゃったおじゃった。

(一九二五・一〇・七)

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)
 

« 中原中也/秋の詩名作コレクション11/無 題 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション13/或る心の一季節――散文詩 »

063中原中也の秋の詩/名作コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也/秋の詩名作コレクション11/無 題 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション13/或る心の一季節――散文詩 »