カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也/秋の詩名作コレクション28/夏過けて、友よ、秋とはなりました | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション30/(小川が青く光っているのは) »

2019年10月20日 (日)

中原中也/秋の詩名作コレクション29/京浜街道にて

京浜街道にて

萎びたコスモスに、鹿革の手袋をはめ、それを、霊柩車(れいきゅうしゃ)に入れて、街道を往く。

  風と陽は、まざらない……

霊柩車、落とす日蔭に、落ちる涙はこごめばな。

                    (一九三三・九・二二)

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)
  

« 中原中也/秋の詩名作コレクション28/夏過けて、友よ、秋とはなりました | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション30/(小川が青く光っているのは) »

063中原中也の秋の詩/名作コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也/秋の詩名作コレクション28/夏過けて、友よ、秋とはなりました | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション30/(小川が青く光っているのは) »