カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也/秋の詩名作コレクション46/秋の日 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション48/秋の消息 »

2019年11月 3日 (日)

中原中也/秋の詩名作コレクション47/ 老いたる者をして

老いたる者をして
   ――「空しき秋」第十二――
 
老(お)いたる者をして静謐(せいひつ)の裡(うち)にあらしめよ
そは彼等(かれら)こころゆくまで悔(く)いんためなり

吾(われ)は悔いんことを欲(ほっ)す
こころゆくまで悔ゆるは洵(まこと)に魂(たま)を休むればなり

ああ はてしもなく涕(な)かんことこそ望ましけれ
父も母も兄弟(はらから)も友も、はた見知らざる人々をも忘れて

東明(しののめ)の空の如(ごと)く丘々をわたりゆく夕べの風の如く
はたなびく小旗(こばた)の如く涕かんかな

或(ある)はまた別れの言葉の、こだまし、雲に入(い)り、野末(のずえ)にひびき
海の上(へ)の風にまじりてとことわに過ぎゆく如く……

   反 歌

ああ 吾等怯懦(われらきょうだ)のために長き間(あいだ)、いとも長き間
徒(あだ)なることにかからいて、涕くことを忘れいたりしよ、げに忘れいたりしよ……

     〔空しき秋二十数篇は散佚(さんいつ)して今はなし。その第十二のみ、諸井三郎の作曲に
      よりて残りしものなり。〕
 
(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。新かなに変えてあります。原詩の傍点は、‘ ’で示しました。)

« 中原中也/秋の詩名作コレクション46/秋の日 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション48/秋の消息 »

063中原中也の秋の詩/名作コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也/秋の詩名作コレクション46/秋の日 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション48/秋の消息 »