カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也/秋の詩名作コレクション44/ 修羅街輓歌 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション46/秋の日 »

2019年11月 1日 (金)

中原中也/秋の詩名作コレクション45/含 羞(はじらい)

含 羞(はじらい)
        ――在りし日の歌――
  
なにゆえに こころかくは羞(は)じらう
秋 風白き日の山かげなりき
椎(しい)の枯葉の落窪(おちくぼ)に
幹々(みきみき)は いやにおとなび彳(た)ちいたり

枝々の 拱(く)みあわすあたりかなしげの
空は死児等(しじら)の亡霊にみち まばたきぬ
おりしもかなた野のうえは
‘あすとらかん’のあわい縫(ぬ)う 古代の象の夢なりき

椎の枯葉の落窪に
幹々は いやにおとなび彳ちいたり
その日 その幹の隙(ひま) 睦(むつ)みし瞳
姉らしき色 きみはありにし

その日 その幹の隙 睦みし瞳
姉らしき色 きみはありにし
ああ! 過ぎし日の 仄(ほの)燃えあざやぐおりおりは
わが心 なにゆえに なにゆえにかくは羞じらう……

(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。新かなに変えてあります。原詩の傍点は‘ ’で示しました。)

« 中原中也/秋の詩名作コレクション44/ 修羅街輓歌 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション46/秋の日 »

063中原中也の秋の詩/名作コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也/秋の詩名作コレクション44/ 修羅街輓歌 | トップページ | 中原中也/秋の詩名作コレクション46/秋の日 »