カテゴリー

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 中原中也・雨の詩の名作14/一夜分の歴史 | トップページ | 中原中也・朝の詩の名作2/臨 終 »

2019年12月 4日 (水)

中原中也・朝の詩の名作1/朝の歌

朝の歌

天井に 朱(あか)きいろいで
戸の隙(すき)を 洩(も)れ入(い)る光、
鄙(ひな)びたる 軍楽(ぐんがく)の憶(おも)い
手にてなす なにごともなし。

小鳥らの うたはきこえず
空は今日 はなだ色らし、
倦(う)んじてし 人のこころを
諫(いさ)めする なにものもなし。

樹脂の香(か)に 朝は悩まし
うしないし さまざまのゆめ、
森竝(もりなみ)は 風に鳴るかな

ひろごりて たいらかの空、
土手づたい きえてゆくかな
うつくしき さまざまの夢。

(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。新かなに変えてあります。)

 

« 中原中也・雨の詩の名作14/一夜分の歴史 | トップページ | 中原中也・朝の詩の名作2/臨 終 »

066中原中也・朝の詩の名作コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・雨の詩の名作14/一夜分の歴史 | トップページ | 中原中也・朝の詩の名作2/臨 終 »