カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション2/黄 昏 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション4/夕 照 »

2020年1月 5日 (日)

中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション3/凄じき黄昏

凄じき黄昏

捲(ま)き起る、風も物憂(ものう)き頃(ころ)ながら、
草は靡(なび)きぬ、我はみぬ、
遐(とお)き昔の隼人等(はやとら)を。

銀紙色の竹槍(たけやり)の、
汀(みぎわ)に沿(そ)いて、つづきけり。
――雑魚(ざこ)の心を俟(たの)みつつ。

吹く風誘わず、地の上の
敷(し)きある屍(かばね)――
空、演壇に立ちあがる。

家々は、賢き陪臣(ばいしん)、
ニコチンに、汚れたる歯を押匿(おしかく)す。

(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。新かなに変えてあります。)

 

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション2/黄 昏 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション4/夕 照 »

068中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション2/黄 昏 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション4/夕 照 »