カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション4/夕 照 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション6/盲目の秋 »

2020年1月 7日 (火)

中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション5/春の思い出

春の思い出

 

摘み溜(た)めしれんげの華(はな)を

  夕餉(ゆうげ)に帰る時刻となれば

立迷う春の暮靄(ぼあい)の

  土の上(へ)に叩きつけ

 

いまひとたびは未練で眺め

  さりげなく手を拍(たた)きつつ

路の上(へ)を走りてくれば

  (暮れのこる空よ!)

 

わが家(や)へと入りてみれば

  なごやかにうちまじりつつ

秋の日の夕陽の丘か炊煙(すいえん)か

  われを暈(くる)めかすもののあり

 

  古き代(よ)の富みし館(やかた)の

    カドリール ゆらゆるスカーツ

    カドリール ゆらゆるスカーツ

  何時(いつ)の日か絶(た)えんとはする カドリール!

 

(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。新かなに変えてあります。)

 

 

 

 

 

 

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション4/夕 照 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション6/盲目の秋 »

068中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション4/夕 照 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション6/盲目の秋 »