カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション1/春の日の夕暮 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション3/凄じき黄昏 »

2020年1月 4日 (土)

中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション2/黄 昏

黄 昏

 

渋った仄暗(ほのぐら)い池の面(おもて)で、

寄り合った蓮(はす)の葉が揺れる。

蓮の葉は、図太いので

こそこそとしか音をたてない。

 

音をたてると私の心が揺れる、

目が薄明るい地平線を逐(お)う……

黒々と山がのぞきかかるばっかりだ

――失われたものはかえって来ない。

 

なにが悲しいったってこれほど悲しいことはない

草の根の匂いが静かに鼻にくる、

畑の土が石といっしょに私を見ている。

 

――竟(つい)に私は耕やそうとは思わない!

じいっと茫然(ぼんやり)黄昏(たそがれ)の中に立って、

なんだか父親の映像が気になりだすと一歩二歩歩(あゆ)みだすばかりです

 

(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。新かなに変えてあります。)

 

 

 

 

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション1/春の日の夕暮 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション3/凄じき黄昏 »

068中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション1/春の日の夕暮 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション3/凄じき黄昏 »