カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション41/(孤児の肌に唾吐きかけて) | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション43/青木三造 »

2020年2月13日 (木)

中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション42/(吹く風を心の友と)

(吹く風を心の友と)

 

吹く風を心の友と

口笛に心まぎらわし

私がげんげ田を歩いていた十五の春は

煙のように、野羊(やぎ)のように、パルプのように、

 

とんで行って、もう今頃は、

どこか遠い別の世界で花咲いているであろうか

耳を澄ますと

げんげの色のようにはじらいながら遠くに聞こえる

 

あれは、十五の春の遠い音信なのだろうか

滲むように、日が暮れても空のどこかに

あの日の昼のままに

あの時が、あの時の物音が経過しつつあるように思われる

 

それが何処(どこ)か?――とにかく僕に其処(そこ)へゆけたらなあ……

心一杯に懺悔(ざんげ)して、

恕(ゆる)されたという気持の中に、再び生きて、

僕は努力家になろうと思うんだ――

 

 (「新編中原中也全集」第2巻・詩より。新かなに変えてあります。)

 

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション41/(孤児の肌に唾吐きかけて) | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション43/青木三造 »

068中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション41/(孤児の肌に唾吐きかけて) | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション43/青木三造 »