カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション30/初 夏 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション32/幼き恋の回顧 »

2020年2月 2日 (日)

中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション31/春の夕暮

春の夕暮

 

塗板(トタン)がセンベイ食べて

春の日の夕暮は静かです

 

アンダースロウされた灰が蒼ざめて

春の日の夕暮は穏(おだや)かです

 

ああ、案山子はなきか――あるまい

馬嘶(いなな)くか――嘶きもしまい

ただただ青色の月の光のノメランとするままに

従順なのは春の日の夕暮か

 

ポトホトと臘涙(ろうるい)に野の中の伽藍(がらん)は赤く

荷馬車の車、 油を失い

私が歴史的現在に物を言えば

嘲(あざけ)る嘲る空と山とが

 

瓦が一枚はぐれました

春の日の夕暮はこれから無言ながら

前進します

自(みずか)らの静脈管の中へです

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩より。新かなに変えてあります。)

 

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション30/初 夏 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション32/幼き恋の回顧 »

068中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション30/初 夏 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション32/幼き恋の回顧 »