カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション31/春の夕暮 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション33/(秋の日を歩み疲れて) »

2020年2月 3日 (月)

中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション32/幼き恋の回顧

幼き恋の回顧

 

幼き恋は

燐寸(マッチ)の軸木(じくぎ)

燃えてしまえば

あるまいものを

 

寐覚(ねざ)めの囁(ささや)きは

燃えた燐(りん)だった

また燃える時が

ありましょうか

 

アルコールのような夕暮に

二人は再びあいました――

圧搾酸素(あっさくさんそ)でもてている

恋とはどんなものですか

その実(じつ)今は平凡ですが

たったこないだ燃えた日の

印象が二人を一緒に引きずってます

何(なん)の方(ほう)へです――

ソーセージが

紫色に腐れました――

多分「話の種」の方へでしょう

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩より。新かなに変えてあります。)

 

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション31/春の夕暮 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション33/(秋の日を歩み疲れて) »

068中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション31/春の夕暮 | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション33/(秋の日を歩み疲れて) »