カテゴリー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション48/(なんにも書かなかったら) | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション50/初恋集 むつよ »

2020年2月20日 (木)

中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション49/(一本の藁は畦の枯草の間に挟って)

(一本の藁は畦の枯草の間に挟って)

 

一本の藁(わら)は畦(あぜ)の枯草の間に挟(ささ)って

ひねもす陽を浴びぬくもっていた

ひねもす空吹く風の余勢に

時偶(ときたま)首上げあたりを見ていた

 

私は刈田の堆藁(としゃく)に凭(もた)れて

ひねもす空に凧(たこ)を揚げてた

ひねもす糸を繰り乍(なが)ら

空吹く風の音を聞いてた

 

空は青く冷たく青く

玻璃(はり)にも似たる冬景であった

一本の煙草を点火するにも

沢山の良心を要することだった

 

 (「新編中原中也全集」第2巻・詩より。新かなに変えてあります。)

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション48/(なんにも書かなかったら) | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション50/初恋集 むつよ »

068中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション48/(なんにも書かなかったら) | トップページ | 中原中也・夕(ゆうべ)の詩コレクション50/初恋集 むつよ »