« 中原中也・夜の詩コレクション105/月夜とポプラ | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション107/大島行葵丸にて ――夜十時の出帆 »

2020年7月20日 (月)

中原中也・夜の詩コレクション106/十二月(しわす)の幻想

十二月(しわす)の幻想

 

ウー……と、警笛が鳴ります、ウウウー……と、

皆さん、これは何かの前兆です、皆さん!

吃度(きっと)何かが起こります、夜の明け方に。

吃度何かが夜の明け方に、起こると僕は感じるのです

 

――いや、そんなことはあり得ない、決して。

そんなことはあり得ようわけがない。

それはもう、十分冷静に判断の付く所だ。

それはもう、実証的に云(い)ってそうなんだ……。

 

ところで天地の間には、

人目に付かぬ条件があって、

それを計上しない限りで、

諸君の意見は正しかろうと、

 

一夜彗星(すいせい)が現れるように

天変地異は起ります

そして恋人や、親や、兄弟から、

君は、離れてしまうのです、君は、離れてしまうのです

 

               (一九三五・四・二三)

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)

« 中原中也・夜の詩コレクション105/月夜とポプラ | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション107/大島行葵丸にて ――夜十時の出帆 »

中原中也・夜の歌コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夜の詩コレクション105/月夜とポプラ | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション107/大島行葵丸にて ――夜十時の出帆 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ