« 中原中也・夜の詩コレクション103/誘蛾燈詠歌 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション105/月夜とポプラ »

2020年7月18日 (土)

中原中也・夜の詩コレクション104/坊 や

坊 や

 

山に清水が流れるように

その陽の照った山の上の

硬い粘土の小さな溝を

山に清水が流れるように

 

何も解せぬ僕の赤子(ぼーや)は

今夜もこんなに寒い真夜中

硬い粘土の小さな溝を

流れる清水のように泣く

 

母親とては眠いので

目が覚めたとて構いはせぬ

赤子(ぼーや)は硬い粘土の溝を

流れる清水のように泣く

 

その陽の照った山の上の

硬い粘土の小さな溝を

さらさらさらと流れるように清水のように

寒い真夜中赤子(ぼーや)は泣くよ

 

               (一九三五・一・九)

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)

« 中原中也・夜の詩コレクション103/誘蛾燈詠歌 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション105/月夜とポプラ »

中原中也・夜の歌コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夜の詩コレクション103/誘蛾燈詠歌 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション105/月夜とポプラ »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ