« 中原中也・夜の詩コレクション113/断 片 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション115/夏の夜の博覧会はかなしからずや »

2020年7月28日 (火)

中原中也・夜の詩コレクション114/暗い公園

暗い公園

             

雨を含んだ暗い空の中に

大きいポプラは聳(そそ)り立ち、

その天頂(てっぺん)は殆(ほと)んど空に消え入っていた。

 

六月の宵(よい)、風暖く、

公園の中に人気(ひとけ)はなかった。

私はその日、なお少年であった。

 

ポプラは暗い空に聳り立ち、

その黒々と見える葉は風にハタハタと鳴っていた。

仰ぐにつけても、私の胸に、希望は鳴った。

 

今宵も私は故郷(ふるさと)の、その樹の下に立っている。

其(そ)の後十年、その樹にも私にも、

お話する程の変りはない。

 

けれど、ああ、何か、何か……変ったと思っている。

 

               (一九三六・一一・一七)

 

(「新編中原中也全集」第2巻・詩Ⅱより。新かなに変えてあります。)

 

« 中原中也・夜の詩コレクション113/断 片 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション115/夏の夜の博覧会はかなしからずや »

中原中也・夜の歌コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中原中也・夜の詩コレクション113/断 片 | トップページ | 中原中也・夜の詩コレクション115/夏の夜の博覧会はかなしからずや »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ